本文にジャンプします
メニューにジャンプします

一部負担金の減免

一部負担金の減免
(2018年4月1日更新)

一部負担金の減免

災害や収入のある方が失業したなど、特別な事情により生活が大変苦しくなったため、医療費の支払いが困難となった世帯は、申請により、病院の窓口での自己負担額の減免、または徴収猶予を受けられる場合があります。

対象となる世帯

一部負担金の支払義務を負う世帯主又は世帯員が、次のいずれかに該当し、資産などの活用を図ってもなおその生活が著しく困難である世帯。

  • 震災、風水害、火災その他これらに類する災害により死亡、もしくは心身障がい者となったときまたは資産に重大な損害を受けたとき
  • 干ばつ、冷害、凍霜害等による農作物の不作、不漁、その他これらに類する理由により収入が著しく減少したとき
  • 事業または業務の休廃止、失業等により収入が著しく減少したとき
  • 上記の事由に類する事由があったとき

申請に必要な書類

  1. 申請書(様式第1号) 
  2. 収入見込額等報告書(様式第2号)
  3. 一部負担金所要見込額証明書(様式第3号) 
  4. その他申請理由を証明する書類