本文にジャンプします
メニューにジャンプします

色絵梅流水文皿

色絵梅流水文皿
(2014年2月2日更新)

写真 表

3.1×14.8×8.2cm 1650年代後半~1660年代前半

写真 裏

 鐔状の口縁をもつ輪花形の皿です。皿の周囲に沿って梅流水文が描かれています。流水をあらわす染付は、濃く深い色調で、いわゆる盛期の鍋島における一点の陰りもない明朗な作風とは異なっており、古格のある作品です。 同様の陶片が日峯社下窯で出土しており、初期の鍋島の一つであることが明らかとなりました。