本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊万里・鍋島ギャラリー

ご利用案内

■ 所在地
 伊万里市新天町622番地13
 伊万里駅2階(松浦鉄道側)

 地図はこちらから

■ TEL
 0955-22-2267

■ 入場料
 無料

 ※特別展の開催時は有料に

  なる場合があります。

■ 開館時間
 午前10時~午後5時まで

■ 休館日
 月曜(祝日の場合は翌日)、
 年末年始(12月29日~1月3日)

ギャラリー外観

関連リンク
 伊万里鍋島焼協同組合HP
 秘窯の里 大川内山

伊万里・鍋島ギャラリー
(2022年9月26日更新)
 鍋ギャラ・トップ

沿革

・平成15年(2003年)4月 伊万里駅西ビルの2階に伊万里・鍋島ギャラリーを開設
・平成24年(2012年)6月 特別展「工藤コレクション ~鍋島を追い求めた眼~」を開催(~12月)
・令和  4年(2022年)7月 陶磁器文化に広く親しんでもらうため入館料(常設展)を無料化

 

施設の概要

伊万里・鍋島ギャラリーは伊万里市が所蔵する近世陶磁器を公開する全国でも類を見ないやきもの専門のステーションミュージアムです。
「近世陶磁の至宝」と称される鍋島焼と江戸時代前期から中期の古伊万里を中心に展示をしています。
街の喧騒から離れた静寂の中で、気品ある鍋島焼や絢爛たる古伊万里の美をごゆっくりとお楽しみください。

 

■開館時間   午前10時~午後5時
■入 館料   無料 ※特別展の開催時は有料になる場合があります。
■展示内容   収蔵品292点(鍋島焼163点、古伊万里129点)のうち80点程度を入れ替えながら展示しています。
■所 在地   佐賀県伊万里市新天町622番地13  伊万里駅2階(松浦鉄道側)  地図(外部サイト)
■電話番号 0955-22-2267

■休 館日  月曜日(月曜日が祝日の場合翌日休館)、年末年始(12月29日~1月3日)

※そのほか、展示替えや収蔵品整理に伴う臨時休館がありますのでお尋ねください。

 

《令和4年度の臨時休館予定》

(1)令和4年5月30日(月)~6月4日(土)

(2)令和4年11月7日(月)~11月11日(金)

(3)令和5年1月29日(日)~2月3日(金)

 

施設の概要 

 展示室の様子(写真・動画撮影は不可)

   その他の画像

 

所蔵作品紹介

伊万里市が所蔵する作品の一部をご紹介します。 
古伊万里所蔵品
鍋島焼所蔵品

 

古伊万里と鍋島焼

古伊万里と鍋島焼に関する歴史や種類、様式などについての解説と「よくある質問」を掲載しています。

古伊万里について

鍋島焼について

*近世陶磁器全般については伊万里市歴史民俗資料館までお問合せください(TEL0955-22-7107)

 

駐車場

【乗用車】市営駅前駐車場(駐車可能台数87台)をご利用ください(徒歩1分)。ギャラリー受付で駐車券を提示し確認印を受けたあと1階の伊万里市観光協会で機械処理をしてもらうと駐車料金のうち最初の1時間分(150円)が無料になります。

【駐車場】乗用車

 

【貸切バス】伊万里駅東ビル(JR側)前にはバス専用駐車場があります(2台分)。団体旅行でのご利用の際は事前に伊万里市観光協会にお問い合わせください。 *伊万里市観光協会(TEL0955-23-3479)

【駐車場】貸切バス

伊万里駅のデザイン

平成14年に竣工した伊万里駅にはJR筑肥線と松浦鉄道(MR)が乗り入れています。東側にJR伊万里駅、西側に松浦鉄道(MR)の伊万里駅があり、両駅の間は市道伊万里大通り線を跨ぐ形で架かる歩行者連絡橋でつながっています。
伊万里駅の外観は江戸時代、中心市街地に軒を連ねていた陶器商家の白壁とやきものを焼く煙突をモチーフにデザインされています。また伊万里・鍋島ギャラリーのエントランスに設置されている照明器具は伊万里市が所蔵している鍋島焼の模様を題材に描かれたやきものが使われるなど、伊万里らしさを取り入れた設計となっています。

伊万里駅のデザイン 

 

関連施設情報

 

伊万里市歴史民俗資料館

伊万里市観光協会(外部サイト)