本文にジャンプします
メニューにジャンプします

色絵亀甲文変形皿

色絵亀甲文変形皿
(2014年2月2日更新)

写真 表

3.4×17.0~14.5×9.8~6.2cm 1650年代後半~1660年代前半

写真 裏

 変形の型打ち成形の皿です。見込みには、赤、緑、黄と染付の四色を用い、亀甲文を配しています。余白を意識したデザイン感覚に優れた作品です。裏面は三方に配した唐花を唐草文でつないでいます。高いつけ高台には七宝繋ぎ文がめぐっています。同じ型でつくたとみられる作品例は多く、同じ図柄の類品は戸栗美術館所蔵品などが知られています。