本文にジャンプします
メニューにジャンプします

【毎月更新】資格を生かして働く~医療・介護・福祉の仕事~

【毎月更新】資格を生かして働く~医療・介護・福祉の仕事~
(2021年11月1日更新)

市内の医療機関や福祉施設などでは、看護師や介護福祉士、社会福祉士、保育士などの資格を生かして、それぞれの専門分野のプロとして、誇りを持ち、生き生きと働いている人がいます。

このコーナーでは、さまざまな職種とその仕事の魅力を紹介していきます。

2021年11月1日 資格を生かして働く~医療・介護・福祉の仕事~ Vol.1 介護福祉士

介護福祉士はどんな仕事

介護福祉士は、介護の資格の中で唯一の国家資格です。高齢者や障害がある人が、その人らしい暮らしができるように、さまざま職種のスタッフと協力し合い、支援をします。

また、専門的知識や技術を生かし、現場のスタッフの教育や指導も行って、介護施設などでリーダー的な役割を担います。

 

【主な仕事】

 ○身体の介護 ・・・ 食事や入浴、排泄、車いすでの移動の補助

 ○生活の支援 ・・・ 家事や買い物、身の回りの支援

 ○相談、助言 ・・・ 利用者やその家族の相談に対応      など

 

スタッフレクリエーション様子 

〔写真1〕社会福祉法人伊万里敬愛会 特別養護老人ホーム敬愛園

     松本智津子さん(左)と松本えりかさん(右)

〔写真2〕施設でのレクリエーションの様子

介護福祉士になったきっかけ

高校生のとき、施設へ実習に行きました。そこで、高齢者の笑顔を見て、「私も多くの人を笑顔にしたい」と思いました。

 

大切にしていること

ご利用者様が、安全・安心に生活が送れるように、目配りや気配りをしながら、いつも笑顔で接することを心がけています。

 

仕事のやりがい

ご利用者様やそのご家族などに、「ありがとう」と言われたり、笑顔で話しかけられたりすることに、喜びとやりがいを感じています。

 

介護福祉士を目指す人へ

夜勤などもあって生活リズムの調整と体力が必要ですが、ご利用者様から昔の話を聞いたり、一緒に歌を歌ったり、ゲームをするなど、元気をもらうことも多く、楽しいことがたくさんあります。

 

超高齢社会に必要なのはあなたです!介護で決まり!!

 

問合先

長寿社会課高齢福祉・介護認定係 0955-23-2162

 

2021年11月1日