本文にジャンプします
メニューにジャンプします

広げよう『ワーク・ライフ・バランス』

広げよう『ワーク・ライフ・バランス』

広げよう『ワーク・ライフ・バランス』

 市は、事業所や市民の皆さんと協働で、仕事と、子育て・介護や地域活動などの生活を両立させる『ワーク・ライフ・バランス』を推進しています。このコーナーでは、市内の事業所が取り組んでいる働きやすい職場づくりを紹介します。

2019年2月1日 広げよう『ワーク・ライフ・バランス』市内事業所の取り組みを紹介します(株式会社 宝山工業)

株式会社 宝山工業~生産性向上と働き方改革をともに推進~

代表者 :代表取締役 本多 正臣
事業内容:金属製品製造業
所在地 :黒川町
従業員数:39 人(男性35 人、女性4 人)

会社の取組

◎『5S』活動による作業の効率化を徹底
 『整理・整頓・清掃・清潔・しつけ』を徹底。効率化のアイデアや互いの仕事のフォローなどを実践しています。

◎社員一人一人の成長を支援
 個人目標管理の導入や研修・資格取得支援を実施。職場見学・体験を受け入れ次世代教育を行っています。

◎『3C』をモットーに意識改革を推進
 変化をチャンスと捉え、時代に合うようチェンジし、チャレンジすることで社員の意識改革に努めています。

宝山工業
*作業工程を自動化する新機械の導入は、生産性向上だけでなく働き方改革にもつながっています。

社員の声

★『作業効率向上』を目標に掲げ、毎日意識して取り組んでいます。具体的な目標設定は、仕事へのモチベーションが高まります。(40 代男性)

★一人一人が目標を設定し達成することは、個々のスキルアップにつながっています。資格取得に意欲的な社員も増えています。(50 代女性)

代表取締役からひと言

 社員同士の思いやりやネットワークを大切にしています。
 徹底した生産性の効率化を図り、常に新しい技術へチャレンジします。
 仕事を楽しくできる職場環境づくりに努めます。
宝山工業社長
 本多 正臣 代表取締役

2019年2月1日