当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

妊娠の届出・母子健康手帳の交付

妊娠の届出・母子健康手帳の交付
(2019年4月1日更新)

内容

妊娠かなと思ったら、また、市販の妊娠判定薬等で妊娠の判定が(+)になったら、早めに医師の診察を受け、妊娠11週以内に妊娠の届出をしましょう。

妊娠の届出をした妊婦さんに母子健康手帳を交付します。母子健康手帳は、妊娠・出産やお子さんの成長を記す大切な手帳です。育児、予防接種、健康診査、病院受診などの際に必要となります。

お渡しするもの

母子健康手帳、妊婦健康診査受診票、いまりん子育てサポートブック、母子健康手帳副読本、

マタニティマークキーホルダー 等

母子健康手帳の写真 ※年度により絵柄は変更になることがあります。

母子手帳写真

届出窓口

健康づくり課に妊娠届出書を提出してください。

※届出は対象者ご本人の来所をお願いします。

※ご本人が体調等の理由で来所できない場合は、代理の方が提出することもできます。委任状または、ご本人との関係が証明できるものをご持参ください。

手数料

無料

持参する物

1.妊娠届出書
(1)伊万里市と有田町の産婦人科の病院で妊娠を診断された方
 病院より発行されます。下記の記入例を参考に必要事項を記入してください。

(2)伊万里市と有田町以外の医療機関および助産師から妊娠を診断された方
 医療機関および助産師から発行された妊娠届出書をお持ちください。
 一緒に伊万里市の妊娠届出書の提出も必要です。医療機関等記入欄以外を記入してください。
 伊万里市の妊娠届出書は届出窓口にありますが、下記よりダウンロードしていただくこともできます。

 医療機関および助産師から妊娠届出書を発行されなかった場合は、伊万里市の妊娠届出書を下記よりダウンロードしていただき、上段の医療機関等記入欄を病院で記入してもらってください。

  妊娠届出書.pdf(111KB)
  妊娠届出書記入例.pdf

2.平成28年1月より個人番号と本人を確認できるものが必要です。以下を参考にご持参ください。(1)から(3)のパターンがあります。  

  個人番号を確認できるもの  本人の確認をできるもの 
 (1)  個人番号カード ー 
 (2)  個人番号の通知カード  運転免許証など顔写真付きのもの1点
(パスポート、身体障害者手帳等)
 (3)  個人番号の通知カード  健康保険証と年金手帳等顔写真付きでないもの2点
(必ず2点必要です。)

3.代理の人が届け出る場合は、委任状のほか、代理人の本人の確認をできるものと妊婦の個人番号が確認できるものが必要です。
  委任状.pdf

こんな時は届出が必要です

  • 市外へ転出する場合
    転出先の市区町村に妊娠している旨を届け出てください。母子健康手帳はそのままお使いいただけます。なお、転出後は伊万里市発行の妊婦健康診査受診票は使用できなくなりますので、転出先の市区町村で新たな受診票の交付を受けてください。

  • 市内へ転入する場合
    健康づくり課窓口に妊娠している旨を届け出てください。転入前の母子保健手帳はそのままお使いいただけます。転入前に発行された妊婦健康診査受診票と、伊万里市の妊婦健康診査受診票を差し替えますので、未使用の受診票を健康づくり課にご持参ください。
    ※市内で転居する場合は、手続きは不要です。母子健康手帳に記載の住所を書き換えてお使いください。

  • 出産するお子さんが二人(双子)以上の場合
    母子健康手帳をもう1冊追加します。

  • 紛失した場合
    再交付しますので、「母子健康手帳再交付申請書」に必要事項を記入の上、届け出てください。

  母子健康手帳再交付申請書.pdf
  
  なお、父および母以外が再交付の申請をされる場合は、委任状と申請される方本人の確認をできるものが必要です。
  委任状.pdf