本文にジャンプします
メニューにジャンプします

定期予防接種(就学前)

定期予防接種(就学前)
(2021年6月15日更新)

概要・内容

定期予防接種は、予防接種法に定められており、決められた期間内に予防接種を受ければ無料となります。
対象年齢や接種間隔を守り、計画的に接種することが必要です。
標準的なスケジュールは「日本の定期/任意予防接種スケジュール(20歳未満)」をご覧ください。

なお、予防接種を受けに行く前に、冊子「予防接種と子どもの健康」をよく読んでから受けましょう。

定期予防接種の種類と令和3年度対象者

※定期予防接種を定められた時期に受けられなかった場合、健康づくり課までお問合せ下さい。

日本脳炎に関するお知らせ

日本脳炎で使用されているワクチンの一部が製造上の問題により令和3年4月から供給が一時的に停止されます。

これによりワクチンの供給減少が見込まれるため、令和3年度は 優先接種対象者が設定されています。

優先接種対象者以外の方については、令和4年度に接種していただきますようご協力とご理解をお願いいたします。

【優先接種対象者】

1.第1期の1回目、2回目が終了していない方

  ・生後6か月から生後90月に至るまで

2.定期接種としての年齢上限が近づいている方

  ・7歳半が近づいている方で、3回目(第1期追加)が終わっていない方

   ※7歳半~9歳では接種を受けれないため。

 

参考: 厚生労働省ホームページ(ワクチンの供給状況について)

       厚生労働省からの通達(乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの予防接種に係る対応について)

 

対象者

予防接種法に基づく接種対象年齢のお子さん

実施医療機関

利用料(費用)

無料

※定期予防接種は定められた時期に受けなかった場合、接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。

要予約

医療機関に、接種日の5日前までに、直接お申込みください。

 

接種当日、持っていくもの

  1. 予診票 (出生届時にお渡ししたすくすく育児袋に入っています)
  2. 母子健康手帳
  3. 健康保険証

 ※予診票がお手元にない場合は健康づくり課までお問い合わせください。

お問合せ

予防接種の受け方がわからない場合や予診票がお手元にない場合などは、健康づくり課までお問い合わせください。

リンク


学童期の予防接種(小学生以上)