本文にジャンプします
メニューにジャンプします

飲用井戸等の衛生管理について

飲用井戸等の衛生管理について
(2013年4月1日更新)

「飲用井戸等」の衛生管理について

 「飲用井戸等衛生対策要領」の改正に伴い、平成25年4月1日から、伊万里市域の飲用井戸等に関する相談窓口が佐賀県(保健福祉事務所)から伊万里市(環境課)に変わりました。


 飲み水に利用されている井戸水、湧水、沢水などを安心して飲んでいただくためには、飲用井戸等の設置者自らの責任において、井戸等の衛生管理を適切に行うことが大切です。

 井戸や湧水、沢水などの水質は、周囲の影響によって悪化する場合がありますので、定期的に点検を行ってください。

 次の項目を特に点検してください。

点検項目

点検内容

備考

井戸等の周囲

周囲を塀や柵で囲っているか

井戸等の水質は、周囲の影響を受けやすいので、常に清潔に保ちましょう。

ごみ・汚物がないか

水たまりや湧水がないか

雑草等が繁茂していないか

井戸等の本体

ふたに鍵をかけているか

井戸等の本体に雨水や汚水などが入らないようにしましょう。

すき間・亀裂・水漏れがないか

配管類が腐食していないか

ポンプ等が正常に動いているか

井戸等の内部

赤サビや塗装の剥がれがないか

井戸等の内部の状態を定期的に確認しましょう。

小動物や昆虫が入っていないか

消毒設備

塩素滅菌機が正常に動いているか

安全のため塩素滅菌機を設置して、消毒を行いましょう。

消毒液が入っているか

水質の状態

末端栓の塩素濃度が0.1mg/L以上あるか

日頃からチェックして、安全を確認しましょう。

色・濁り・臭い・味に異常がないか


水質検査

1年に1回定期的に検査機関で水質検査を受け、水質の確認を行ってください。

日頃から色や臭い、味等の変化に注意し、異常があればすぐに水質検査を受けてください。

水道法の水質基準を超える汚染が判明したときは、環境課にご相談ください。

   水質基準【水道基準に関する政令】


法律等の規制

 飲用井戸等の規模によっては、水道法に規定される「専用水道」、伊万里市小規模水道条例に規定される「小規模水道」に該当し、法律等の規制を受ける場合がありますので、ご注意ください。 


ダウンロード

飲用井戸等衛生対策要領(PDF:161KB)