本文にジャンプします
メニューにジャンプします

工事成績評定結果を活用します

工事成績評定結果を活用します
(2010年4月1日更新)

工事成績評定結果の活用について

 建設業のみなさんの技術力や施工意欲の向上、そして工事の品質向上を図ることを目的に、市が発注した工事の工事成績評定により入札参加の優遇又は制限を行います。


優遇措置

過去3年間の点数が優良だった場合

(前年度までの3年間に2件以上成工して、すべて70点以上かつ平均点75点以上)

→ 優遇対象者のみ参加できる優遇工事入札に参加できます。


 ※経過措置

  平成23年度は過去1年間、平成24年度は過去2年間の成績で判定します。

  この間は成工して評定を行った実績が1件でも75点以上であると優遇対象になれます。


優遇対象期間 各年度の7月1日から3月31日

(指名停止等になると優遇対象を取り消します。)


平成22年度の工事成績から活用し、優遇工事入札は平成23年度から行います。


制限措置

点数が60点未満だった場合

→ 1月間入札に参加できません。


平成22年度から行います。


工事成績通知日から14日以内は工事成績評定点等の説明を求めることができます。


ダウンロード