本文にジャンプします
メニューにジャンプします

第3次伊万里市財政健全化計画(平成23年度~25年度)

第3次伊万里市財政健全化計画(平成23年度~25年度)
(2011年3月31日更新)

 本市では、平成16年度に「子どもたちに託す将来の伊万里市発展の礎となる財政基盤の建て直し」をめざした財政健全化計画を、平成18年度に「安定した市民サービスを将来にわたって継続していくための財政基盤確立」をめざした第2次財政健全化計画を策定し、財政健全化に向けた様々な取組みや行財政改革を実施してきました。

 

 一方で、自治体の健全な財政運営を図ることを目的に「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が施行され、平成19年度決算より財政健全化の基準となる健全化判断比率の算出及び公表が義務付けられたことにより、各自治体ではより一層の財政健全化に取り組んでいくことが求められています。

 

 しかしながら、本市の財政は、三位一体改革の影響やアメリカ金融危機を発端とする世界的な不況によ歳入が伸び悩むなか、学校の建て替えや新統合病院、ごみ処理施設の整備等の大型プロジェクト事業を控えるとともに、扶助費等の社会保障費に対する財政需要が増大するなど大変厳しい状況にあります。

 

 そこで、今後確実に見込まれる財源不足の解消を図ることはもとより、将来の伊万里市発展の礎となる強い財政基盤づくりをめざして、「第3次伊万里市財政健全化計画」を策定しました。

 

 基本的に、これまでに取り組んできた財政健全化の方策を継続しながら新たな創意工夫を加えるなど、さらなる強い信念を持って財政の健全化に取り組む考えです。

関連情報

伊万里市の台所事情これまでとこれから(伊万里市財政健全化計画)

第2次伊万里市財政健全化計画についてお知らせします