本文にジャンプします
メニューにジャンプします

行事報告

行事報告

2021年1月13日 第31回新春歩こう会

令和3年1月1日(金祝) 年末の寒波が残る曇り空で風が冷たい朝となりましたが、無事に開催することができました。

参加者は互いに新しい年の始まりを祝い、新春のあいさつを交わしていました。
今年も2匹のやぎが参加していました。

屋外ではありますが、コロナ禍の中ということで、少しプログラムを変更した形での開催となりました。

午前8時に「第31回新春歩こう会」の開会式が行われた後、密接する集合写真をとりやめて、初めてドローンによる撮影会を行い、絵文字に挑戦しました。

その後に、子どもから高齢者まで71名+(プラス)やぎが、コミュニティセンターを出発しました。

コースは、西明寺→木起神社→志賀神社→鱟神社→淀姫神社の順で、計5か所をお詣りしながら、途中、お神酒などをいただきながら歩きました。
出発から50分ほどでみなさん続々と帰ってきて、早い方から順に参加賞と温かい飲み物をもらい家路へと向かわれました。
新型コロナウイルス感染症の拡大が続き心配な世の中ではありますが、令和3年が牧島地区のみなさまにとって良い年になりますこと祈願しております。

本年もよろしくお願いいたします。

2021年1月13日

12月25日(金)13時30分から、区長会主催による「ミニ門松づくり」が行われました。
小学生を中心に、小さいお子さんまで約20名が参加しました。
寒い天気の中でしたが、子どもたちは元気に門松を作っていました。

門松には欠かせない、松、梅、千両、南天、扇等で彩りよく飾り付け、30分程で個性豊かな立派なミニ門松が出来上がりました。
また午前中には、今年もコミュニティセンター玄関前に、区長さんを始め、地区の有志の方々により、威風堂々たる門松が設置されました。
区長さんを始め、ご協力いただいた皆さまありがとうございました。
今年も残すところあと6日。今年は新型コロナウイルス感染症に翻弄された年になりましたが、皆さま良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

2021年1月12日

12月19日(土)牧島子ども会による「クリーン作戦&クリスマス会」が開催されました。
新型コロナウイルス感染症の影響で、美味しいカレーライスが食べられる昼食会は中止となってしまいましたが、たくさんの子どもたちが参加しました。

クリーン作戦は、低学年と高学年に分かれてゴミ拾いをしました。おかげでコミュニティセンターの周りの道路がきれいになりました。
その後に行われたクリスマス会は、ぱらだいす伊万里のお姉さんたちによるゲームで、コロナ対策でお姉さんの工夫を凝らした内容で、みんな仲良く楽しみました。

最後は、待ちに待ったお楽しみ抽選会です。参加者全員にプレゼントとお菓子がありました。

今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で子どもたちの行事が中止され、さみしい年となりましたが、今日だけは笑顔いっぱいの一日となりました。
クリスマス会のため、当日朝から準備していただいた役員、またお手伝いいただいた保護者のみなさん、ぱらだいす伊万里の会員、指導者のみなさま、お疲れさまでした。
また、プレゼントを提供していただいた黒川様ありがとうございました。

2021年1月12日

11月29日(日)「第67回伊万里市内一周駅伝大会」が行われました。

今年はコロナ禍での開催となり、県外の学生が参加出来ないという条件があり、全ての区間に選手を出場させることができませんでした。

しかしながら、コミュニティセンターで行われた出発式では、練習の成果を十分に発揮して精いっぱい走ることを誓い、集まった関係者の激励を受け選手たちは出発しました。

オープン参加(途中棄権)ということで全体の記録は残りませんでしたが、第4区を走った 山口綾さん(中通)が区間1位、第5区を走った 犬塚友貴さんが区間2位の走りで、牧島地区内では2位以下を大きく離す独走をみせてくれ、応援する牧島地区住民にも感動を与えてくれました。

また、閉会式において、本瀬戸 郷信康さんが35回、木須西 石田健祐さんが10回の出場回表彰を受けられました。おめでとうございました。

慰労会では、コロナウイルス感染症対策をしっかりとして、力走をみせた選手やサポートの選手、スポーツ協会役員が監督を囲み、大会結果を肴に親睦を深め、来年は襷をゴールまでつなぐぞと決意を新たにしていました。

沿道より応援いただいた皆様、ありがとうございました。
第67回伊万里市内一周駅伝大会結果 
市内一周駅伝第67回成績表.pdf(237KB)


2020年12月10日

2月23日(日) 朝から太陽の暖かさを感じる青空の中、「第30回グラウンドゴルフ大会」が牧島小学校グラウンドで開催されました。
恒例となりました始打式は、佐賀県議会議員岡口議員に行っていただきました。
今年から部門を高齢者女子、高齢者男子、一般(男女混合)に再編し、多くの町民が参加できるように出場者枠も拡大しました。
8時45分に高齢者女子の部がスタートし、高齢者男子、一般の順で競技が行われ、一般個人戦では、小学生も参加しました。
自慢のマイステックを持参の高齢者の方々は日頃の練習の成果を十分に発揮しておられ、沢山のホールインワンが出ました。一般の方々は笑顔あふれ、楽しくプレーされていました。グラウンド中のあちらこちらで、歓声や笑い声、ため息等が聞こえてきて、町民で楽しいひと時を過ごしました。
各部門の優勝は、高齢者女子の部「多々良」、高齢者男子の部「多々良」、一般(男女混合)の部「木須団地」が受賞され、総合優勝は「多々良」となりました。
また、個人戦、小・中学生の部では牧瀬たくみさん(小4)、一般の部では松尾民恵さんが優勝されました。
さらに、今年は昨年を上回る合計19名の方がホールインワンを出されていました。
中には2回もホールインワンを出した方もおられ、大変盛り上がった大会となりました。
参加された皆さん、役員の皆さん、大変お疲れさまでした。

r

2020年2月26日