本文にジャンプします
メニューにジャンプします

みんなのひろば

2017年5月>
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910
みんなのひろば

ゆめやアイデアで伊万里を魅力あるまちに

 『21世紀市民ゆめづくり計画支援事業』平成28年度採択事業成果報告会が市民センターでありました。NPO法人のいちご会の『子育て支援事業』など6事業について、実施団体が事業概要や成果、課題などを報告。参加者は、それぞれの団体の特色ある事業報告を感心した様子で聞き入り、今後の展開などさまざまな質問が出されました。
子どもたちの居場所づくりなどを報告したNPO法人のいちご会

2017年4月14日

『事故にあわない、おこさない』を心がけて

 伊万里ショッピングセンターで、交通安全スプリングキャンペーンがありました。これは、春の全国交通安全運動に併せ、市交通対策協議会が毎年行っているものです。伊万里警察署員や交通安全指導員などが買い物客に反射バンドやチラシなどの交通安全啓発グッズを配布。飲酒運転の根絶や子どもと高齢者の交通事故防止などを呼びかけました。
春の交通安全運動のチラシなどを受け取る買い物客(右)

2017年4月6日

2017年4月2日 浦ノ崎桜の駅まつり

桜の名所で春の訪れを感じて

 松浦鉄道浦ノ崎駅で桜の駅まつりがありました。駅前広場では桜ライブが行われ、地元の保育園の園児や子ども会の児童などが歌や踊りを披露したほか、約20店舗が出店して物産販売などが行われました。浦ノ崎運動広場ではミニSLや乗馬体験も行われ、もう少しで満開を迎える桜の名所は、家族連れなど多くの来場者でにぎわいました。
満開時には桜のトンネルができます 桜の駅まつりのマスコットガール『さくらこちゃん』 物産販売の店舗などが建ち並ぶ会場には桜がちらほら

2017年4月2日

伊万里の魅力を市内外に発信します

地域おこし協力隊

 4月1日、市地域おこし協力隊員を岩本雄介さんと德川大輔さんに委嘱しました。
 地域おこし協力隊は平成29年度から導入し、今回が第1期となります。人口減少が進む中、都市部の新たな発想と機動力を持つ人材を積極的に誘致し、地域おこし活動を通じて地域へ定住したり、定着してもらったりすることを目的としています。
 2人は今後、移住者に対する支援活動やイベントの企画・実行など、移住・定住の促進のための支援活動などを行う予定です。

2017年4月1日

魅力あふれる伊万里の食をPR

 市の食のまちづくりへの協力や助言を行う『市食のまちづくりアドバイザー』を田﨑志織さんに委嘱しました。市は田﨑さんに平成27年3月から同アドバイザーを委嘱しており、任期満了に伴い再任したものです。これまで、福岡県の大学生と伊万里産食材を使った料理などを開発し、福岡都市圏を始めとするさまざまな地域へPRされています。
指導する大学生を連れ委嘱状を受け取る田﨑さん(左から2人目)

2017年3月30日