本文にジャンプします
メニューにジャンプします

みんなのひろば

2017年11月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789
みんなのひろば

伊万里港の過去・現在・未来を歌にのせて

波多津港でのプロモーションビデオ撮影の様子(中央は池田輝郎さん)

 伊万里港開港50周年を記念して、南波多町出身で市観光大使の池田輝郞さんが歌う『伊万里港』のCDが10月25日に発売されました。
 『伊万里港』は『高山本線(ふるさと盤)』のカップリング曲として収録され、作曲は作曲家の水森英夫さん。歌詞は塚部芳和市長が手がけています。3番まであり、1番は江戸時代に焼き物の積み出し港として栄えていた様子を、2番はコンテナ船が行き交う現在の国際物流港としての様子を表現。また、3番では風光明媚な景色の中でクルーズ船が悠々と航行している将来の姿を思い描いています。
 9月20日、大川内山や伊万里湾大橋、波多津漁港などでプロモーションビデオの撮影が行われ、塚部市長も参加。漁船に乗って池田さんと潮風を受けながら語らうシーンなどを撮影しました。
 池田さんは、「この歌が故郷の歌として永遠に残るようにしたい」と意気込みを語っていました。
 伊万里みなと祭り2017では、11月4日のステージイベントに池田さんが出演し、『伊万里港』を披露する予定です。

2017年10月25日

ボランティア活動の輪を広げて

 市民会館でボランティアまつりがありました。これは、市民との交流を通じてボランティア活動を推進するため、市ボランティア連絡協議会と市社会福祉協議会が毎年開催しているものです。市内のボランティア団体などにより、ステージ発表や体験コーナなど多彩な催しが行われ、雨模様にも関わらず多くの来場者でにぎわっていました。
日用品や手芸品などが多数販売され大盛況のふれあいバザー
歌の歌詞を手話で表現する伊万里手話の会のステージ発表
美しい音色が響いていた琴の体験車椅子体験

2017年10月15日

2017年10月14日 いまりんcafe

みんなで語ろう『これからの伊万里』

 まちへの思いやまちづくりのアイデアなどを市民が自由に語るワールド・カフェ方式のワークショップ『いまりんcafé』がありました。これは、市が策定する第6次市総合計画に市民の意見を反映するため、市民との協働によるまちづくりを進める機会として全3回開催したもの。参加者は思い思いにこれからの伊万里について語り合いました。
面白いアイデアが次々と出されていました(写真は第3回)

2017年10月14日

多彩な演目が魅力の伝承芸能

 南波多町府招の愛宕権現神社で秋祭りがあり、県重要無形民俗文化財に指定されている『府招の浮立』が奉納されました。輝く稲穂の中の道を、彩り豊かな衣装の行列が神社へと向かう『道行』に始まり、境内では、子どもから大人まで稽古を重ねてきた太鼓や舞など15演目の『本浮立』が披露され、多彩な演出で観客を魅了しました。
稲穂の中の道を神社へ進む『道行』の行列
かわいい子どもたちが演じる『猿まわし』ユーモラスな動きの『恵比寿大黒』

2017年10月8日

全ての拉致被害者の帰国を目指して

 拉致問題への理解と認識を深めてもらおうと、政府・県・市の主催で拉致問題啓発舞台劇『めぐみへの誓いー奪還ー』がありました。劇は13歳で北朝鮮に拉致され、幸せな生活が一変した横田めぐみさんの半生を描いた作品。冒頭のあいさつでは、拉致被害者の増元るみ子さんの姉である平野フミ子さんが涙ながらに問題の早期解決を訴えました。
横田めぐみさんが拉致され北朝鮮へ向かう船の中での場面
めぐみさんが帰国し両親と手を取り合う日がくることを表現した場面「皆さん力を貸して」と訴える平野さん

2017年10月5日