本文にジャンプします
メニューにジャンプします

みんなのひろば

2018年2月>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728123
45678910
みんなのひろば

災害に強い地域づくりへ気持ちを新たに

 二里小学校グラウンドで伊万里市消防出初式がありました。市内11分団から738人が参加。通常点検や分列行進で日頃の訓練の成果を披露したほか、消防団協力事業所への感謝状贈呈や永年勤続表彰などが行われました。式典終了後には、有田川河川敷で小型ポンプによる100口一斉放水が行われ、火災や災害がないよう祈願しました。
整然と分列行進を行う団員
ラッパ隊による演奏も披露されました

2018年1月14日

2018年1月14日 新春かるた会

冷静さと俊敏さで白熱の勝負

 昔ながらの遊びを通して日本の伝統文化などを知ってもらおうと、図書館フレンズいまりが主催した新春かるた会が市民図書館でありました。幼児から大人まで約50人が参加し、学年などで分かれて競技開始。いつの間にか集中して引き込まれてしまう『かるた遊び』の魅力に捕われ、参加者は、時が経つのも忘れて真剣勝負を楽しんでいました。
一瞬の差で勝負が決まります
取ったかるたを嬉しそうに見せる女の子

2018年1月14日

学生の力で商店街ににぎわいを

 啓成中学校・伊万里中学校と伊西地区の5つの高校(伊万里商業、有田工業、敬徳、伊万里農林、伊万里)が、11月3日から1月8日にかけて駅通り商店街の空き店舗などを活用した『スクールチャレンジ交流館』を開きました。作品の展示・販売や活動の紹介など、各校の特徴を生かした出展内容で来館者をもてなしました。
書道パフォーマンスを行った伊万里高校

2018年1月7日

2018年1月7日 NHKのど自慢

22年ぶりの本市開催で最高のスタート

番組の終わりに笑顔で手を振る出場者

 1月7日、市民会館で今年最初のNHKのど自慢があり、全国に生中継されました。本市での開催は、平成8年以来の22年ぶりです。
 NHKのど自慢は、言わずと知れた日本を代表する大人気の番組。前日には、書類審査を通過した250組により、4時間にも及ぶ予選会が行われ、選ばれた20組が本選に出場しました。
 当日は、幸運にも抽選に当たった市内外からの観覧者で座席は埋め尽くされ、番組が始まると大きな手拍子が会場を包み込みました。
 この日のゲストは堀内孝雄さんと水森かおりさん。終始笑顔で出場者を盛り上げてくれました。出場した20組のうち、何と9組が合格の鐘を鳴らすというレベルの高さに、司会の小田切千アナウンサーも驚いた様子。
 二人のゲストの歌にしんみりと聞きほれたあと、いよいよ『今週のチャンピオン』が発表されると、場内は割れんばかりの拍手で最高潮に。
 出場者も観覧者も、正月早々のビッグイベントに、思い出に残る華やいだ時を過ごしました。

2018年1月7日

2018年1月7日 平成30年成人式

決意を新たに大人への第一歩

 市民センターで成人式がありました。式典を企画したのは各町(地区)代表の新成人で構成された20人の実行委員会。昨年7月から5回の話し合いを重ね、子育て啓発劇や思い出のビデオレターなどを取り入れた、自分たちらしい成人式を作り上げました。今年度は610人が大人の仲間入り。いつもふるさと伊万里を忘れずに、頑張ってほしいですね。
開式前、会場の外ではあちこちで再会を喜び合う顔が(1)開式前、会場の外ではあちこちで再会を喜び合う顔が(2)
開式前、会場の外ではあちこちで再会を喜び合う顔が(3)開式前、会場の外ではあちこちで再会を喜び合う顔が(4)
少し緊張した面持ちで式典に臨む新成人
式前日、ソメイヨシノ5本を都川内森林公園(大川内町)に記念植樹した実行委員(樹木は立花町の大川内 悟さんが寄贈)

2018年1月7日