本文にジャンプします
メニューにジャンプします

定期予防接種(就学前)

定期予防接種(就学前)
(2018年4月13日更新)

概要・内容

定期予防接種は、予防接種法に定められており、決められた期間内に予防接種を受ければ無料となります。
対象年齢や接種間隔を守り、計画的に接種することが必要です。
標準的なスケジュールは「日本の定期/任意予防接種スケジュール(20歳未満)」をご覧ください。

定期予防接種の種類と接種時期、実施場所

 


      予防接種の種類

        接種の時期

            実施場所

ヒブ

生後2か月以上

医療機関にて個別接種
(実施医療機関は下記のファイルでご確認ください)
実施医療機関

小児用肺炎球菌

B型肝炎

生後2か月~1歳未満

四種混合予防接種
(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ第1期)

生後3か月以上

麻しん・風しん 第1

        第2

1歳~2歳未満

年長児

水痘

1歳~3歳未満

日本脳炎

3歳以上

BCG

生後7か月

市民センターにて集団接種
(7か月児相談と同時実施)


※定期予防接種を定められた時期に受けられなかった場合、接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。
※実施日に受けることができない場合や予診票がお手元にない場合は、健康づくり課までお問合せ下さい。

対象者

予防接種法に基づく接種対象年齢のお子さん

利用料(費用)

無料

※定期予防接種は定められた時期に受けなかった場合、接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。

申請方法

予診票は、すくすく育児袋(出生届を出されたときに交付)の中に入っています。医療機関へは、予約が必要です。接種日の5日前までに、直接医療機関へお申込みください。

持ってくる物

予防接種の当日は、以下のものをお持ちください。

  1. 予診票
  2. 母子健康手帳
  3. 健康保険証

お問合せ

予防接種の受け方がわからない場合や予診票がお手元にない場合などは、健康づくり課までお問い合わせください。

リンク

予防接種前後の注意点
学童期の予防接種(小学生以上)