当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

みんなのひろば

2019年9月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
6789101112
みんなのひろば

2019年8月18日 市消防団夏季点検

地域住民の安全・安心のために

 市消防団夏季点検が伊万里消防署でありました。市内11分団から741人が集結。分団ごとに通常点検や小隊訓練を行い、日頃の訓練の成果を披露すると、統率の取れた機敏な動きに、観覧者は息をのんで見入っていました。また、昨年度から伊万里消防署に配備されている津波・大規模風水害対策車を使用した、負傷者の救助訓練もありました。

一糸乱れぬ動作が美しい大川分団の小隊訓練

津波・大規模風水害対策車に搭載されている水陸両用バギー

2019年8月18日

私たちと一緒に働きませんか

 人手不足が深刻化する中、市内外から優秀な人材を確保しようと、農協会館で『伊万里の“いい職”相談会』がありました。これは、市内の22企業が合同で開催した求人説明会でUIJターン希望者や市での就職を希望する約40人が参加。参加者は関心のある企業に面接申込票を提出し、各企業のブースで熱心に説明を聞いたり、質問をしたりしていました。

各企業のブースで熱心に説明を聞く参加者

2019年8月11日

ようこそ伊万里へ。900人をおもてなし

市民会館の観客席を埋め尽くす訪問団の皆さん

 8月11日、大連市民友好交流訪問団約900人が本市を訪れ、市民会館で歓迎式典がありました。
 中国大連市と伊万里市は、1987年の相互訪問を皮切りに、経済・文化・スポーツなどでの相互交流や公務研修生の受け入れなど、多岐に渡る交流を続けてきたことで、着実に良好な関係を築いてきました。このような歴史を踏まえ、来伊する訪問団を市を挙げて歓迎しようと、式典を催したものです。
 この日、訪問団はクルーズ船停泊地の佐世保港からバス22台で本市へ移動。大勢の伊万里市民が中国の国旗を振って出迎える中、続々と市民会館に入館しました。記念品交換などのセレモニーのあと、伊万里農林高校至誠龍神太鼓の皆さんが勇壮な和太鼓の演奏で歓迎。それに応えるように、大連市の皆さんは豪華絢爛なドレスショーや中国伝統楽器の演奏などを披露し、会場は友好ムードに包まれました。
 またこの日は、秘窯の里 大川内山への観光や、小・中学生などによる卓球の交流試合もあり、両市民ともに有意義な一日を過ごしました。

2019年8月11日

30回目の『夏・おんな・伊万里津』

 市街地などで『どっちゃん祭り』がありました。暑さのため日中のステージプログラムが屋内での開催となりましたが、参加した皆さんは元気いっぱい。日が落ちた夕方からは祭りもさらに盛り上がり、市内外からの多くの人でにぎわいました。祭りの主役はなんといっても女みこし。30回目を迎えた女の祭りのフィナーレを、勇壮華麗に彩りました。

祭りのフィナーレを飾る女みこし

HEART BEAT JAZZ Orchestraによる30回記念の演奏伊万里太鼓の会の演奏

どっちゃんダンシング

総踊り

2019年8月4日

2019年8月3日 伊高寺子屋

教えて。お兄さんお姉さん

 伊万里高校で『伊高寺子屋』がありました。これは県が実施する『地域とつながる高校魅力づくりプロジェクト』の一環で、高校生が先生となり夏休みの課題に取り組む小学生のお手伝いをするものです。この日は、児童約50人が参加。持参した習字や算数などの課題を分かりやすく教えてもらった児童は「簡単にできた」と嬉しそうに話していました。

書道部員に書き方を教えてもらう小学生たち

算数の確かめ算のやりかたを教える高校生

2019年8月3日