当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

みんなのひろば

2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011
みんなのひろば

2019年11月10日 『里小路の矢竹生垣通り』を佐賀県遺産に認定

22世紀へ守り受け継いでいきたい

矢竹の生垣が整然と並ぶ里地区

 東山代町里区にある『里小路の矢竹生垣通り(さとくうじのやたけいけがきどおり』が『佐賀県遺産』に認定され、11月10日、東山代公民館で認定証授与式が行われました。
 この遺産は、『県美しい景観づくり条例』に基づき、県民の郷土に対する誇りや愛着を育むため、美しい景観を呈する地区、または地域を象徴する建造物が、これにまつわる物語とともに、22世紀に残すべきものとして認定されるものです。
 戦国時代、山代の地を治めた田尻氏が、里地区を東西に伸びる小路に家臣たちを住まわせ、戦に備えて家臣たちが屋敷周りの生垣に矢の材料となる矢竹を植えたと伝えられています。
 同地区の住民たちは、地域の歴史を表す矢竹の生垣を絶やさぬように日常的に管理しており、平成10年には『新さが百景』に選ばれ、今回さらに、後世に守り受け継ぐべき景観として県遺産に認められました。
 市内において県遺産への認定は今回で4件目。これまで『旧犬塚家住宅』、『前田家住宅』、『秘窯の里大川内山』が登録されています。

2019年11月10日