本文にジャンプします
メニューにジャンプします

広げよう『ワーク・ライフ・バランス』

広げよう『ワーク・ライフ・バランス』

広げよう『ワーク・ライフ・バランス』

 市は、事業所や市民の皆さんと協働で、仕事と、子育て・介護や地域活動などの生活を両立させる『ワーク・ライフ・バランス』を推進しています。このコーナーでは、市内の事業所が取り組んでいる働きやすい職場づくりを紹介します。

2018年12月1日 広げよう『ワーク・ライフ・バランス』市内事業所の取り組みを紹介します(株式会社 SUMCO)

株式会社SUMCO~家族の“絆”を大切に!仕事も生活もどちらも充実できる環境づくり~

代表者 :代表取締役副社長 九州事業所長 平本 一男
事業内容:半導体用シリコンウェーハの製造
所在地 :東山代町・山代町
従業員数:2,741 人(男性2,588 人、女性153 人)

会社の取組

◎育児休暇制度の充実と保育園の設置
 育児・看護休暇、短時間勤務など、子どもが就学するまでの働き方を支援。事業所内保育園を設置しています。
◎地域貢献のためボランティア休暇を制度化
 公共性や地域社会への貢献度が高い活動については、会社が休暇の取得を認めています。
◎多様なニーズに応じた『特別福祉休暇』を整備
 定期健康診断に基づく再検診・精密検査のための休暇や、子どもの看護・家族の介護休暇などがあります。
0~2歳児が対象のSUMCOいまり保育園
*0~2歳児が対象のSUMCOいまり保育園

社員の声

★保育園は、午前7時から利用できるため就業開始に間に合います。アレルギー対応のため調理が工夫され、みんなが同じメニューを食べることができます。(20代女性)
★保育園が利用できるので助かります。園での子どもの様子をスマホでみることができ、安心です。(30代男性)

九州総務部長からひと言

 社員が家族との絆を大切にできるよう、育児・介護休暇制度を充実させ、利用しやすいように会社全体でバックアップしています。また、育児や介護が一段落したときはスムーズに復帰できるよう配慮しています。
渕上正樹 九州総務部長
渕上正樹 九州総務部長

2018年12月1日