本文にジャンプします
メニューにジャンプします

給与支払報告書の提出について

給与支払報告書の提出について
(2019年11月20日更新)
   所得税の源泉徴収義務がある給与の支払者は、令和元年(平成31年)中に支払の確定した給与についての給与支払報告書(個人別明細書)を作成し、給与所得者(従業員等)の令和2年1月1日現在における住所地の市町村長に総括表と併せて提出していただくことになっています。(地方税法第317条の6)

   給与所得者の令和2年度の市・県民税額は、提出していただいた給与支払報告書に基づいて計算します。
   給与支払報告書は、市・県民税の課税根拠となる重要な書類となりますので、正しく記入のうえ、令和2年1月31日(金)までに提出していただきますようお願いします。

   詳細については、税務署から配布される「給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引(令和元年分)」及び以下のファイルをご参照ください。

ダウンロード

給与支払報告書提出について.pdf
総括表及び切替理由書.pdf
異動届出書.pdf

関連リンク

令和元年 給与所得の源泉徴収等の法定調書の作成と提出の手引き / 国税庁
年末調整がよくわかるページ / 国税庁