本文にジャンプします
メニューにジャンプします

各種証明書の公印が電子公印に変わります

各種証明書の公印が電子公印に変わります
(2014年8月4日更新)

 待ち時間短縮のため、市民課及び税務課で交付している証明書が、朱肉公印から黒色の電子印に変わります。

※母子手帳の出生証明書、年金の現況届など、個別の様式に証明するものには、朱肉公印が残ります。


開始時期  

平成26年8月4日(月)

電子印による証明書 

対象となる主な帳票は下記の票のとおりです。


 

帳票

戸籍関係 全部(個人)事項証明
改製原謄本
除籍簿謄本
戸籍の附票(全部・一部証明)
改製原の附票(謄本)
除籍簿の附票(謄本)
戸籍一部事項証明
婚姻要件具備証明
独身証明
除籍記載事項証明
受理証明
不受理証明
身分証明
住基関係 住民票
住民票記載事項証明
居住証明
転出証明
印鑑証明書
税務関係 課税証明
所得証明
所得・課税証明
市民税申告額証明
納税証明
法人住民税納税証明
滞納のない証明
固定資産評価通知
固定資産評価証明
固定資産公課証明
固定資産証明
無資産証明
固定資産課税台帳記載事項証明