本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊万里市不妊治療エンゼルサポート事業

伊万里市不妊治療エンゼルサポート事業
(2023年4月1日更新)

概要

伊万里市では、不妊で悩む方の経済的負担を軽くするため、不妊治療費の一部を補助する「伊万里市不妊治療エンゼルサポート事業」を実施しています。

保険適用・適用外に関わらず医療機関で受けた不妊治療にかかる自己負担額のうち3万円までを補助します。


補助対象者

・夫婦ともに伊万里市に1年以上住民登録している夫婦(事実上の婚姻関係を含む)

・夫及び妻の市税、国民健康保険税、介護保険料の滞納がない方

・夫婦間で行う不妊治療をうけている方

 

補助対象となる不妊治療

保険適用・適用外に関わらず医療機関で受ける不妊治療(人工授精・体外受精・顕微授精・男性不妊治療等)に要した費用を対象とし、申請する治療の「始期と終期」は医師の判断によるものとします。

人工授精後の申請については佐賀県が実施する助成金(3回)の申請を優先してください。

 

補助対象の医療機関

公益社団法人日本産科婦人科学会の会告等に定める要件を満たす「学会の見解に基づく諸登録施設」として登録されている医療機関と人工授精による不妊治療を行う医療機関となります。

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

 

補助内容と限度額

上限3万円(年度内に上限まで申請可能) 

※治療が終了した日が属する年度内(4月~翌年3月)において、助成対象の治療費(自己負担額)から、佐賀県等から助成を受けている額を控除した額と伊万里市の限度額を比較して少ない方の額を助成します。

 

申請期限

 各年度の年度末(3月31日)

 

申請方法・申請先

申請方法は、健康づくり課に備え付けの書類、または、下記の申請書等をダウンロードしてください。
申請書等に必要事項を記入のうえ、健康づくり課(場所:伊万里市役所 1階別館、連絡先:0955-22-3916)にご提出ください。申請の際は、事前に電話連絡をお願いします。

申請時に必要なもの

  • 補助金交付申請書(様式第1号)

  • 医療機関から証明を受けた受診等証明書(様式第2号)
  • 補助金交付請求書(様式第5号)
  • 領収書のコピー
  • 印鑑 (シャチハタ除く)
  • 振込を希望する口座の預金通帳のコピー(口座名義等の確認のため)
  • 県の補助金等の交付決定書のコピー(今回の申請内容について県から補助を受けた場合)
  • 夫婦の個人番号が確認できるもの

    ※写真付きの個人番号カードであれば1点で可。通知カードの場合は運転免許証又は

    パスポートを合わせて持参してください。


申請書

補助金交付申請書(様式第1号.pdf(90KB)

受診等証明書(様式第2号).pdf(73KB)

補助金交付請求書(様式第5号).pdf(64KB)

事実婚関係に関する申立書.pdf(49KB)

 

 

高額療養費制度、医療費控除について

高額療養費制度と医療費控除は別の制度なので、それぞれを併用することも可能です。

詳しくは、高額療養費制度に関しては加入している健康保険組合へ、医療費控除に関してはお近くの税務署にお問い合わせください。

 

関連リンク

「佐賀県の不妊治療支援助成」のページ


佐賀県不妊専門相談センター(佐賀中部保健福祉事務所内)のご紹介

佐賀県では、不妊・不育治療、検査への疑問や不安、家族のことなど、専門の医師やカウンセラーによる相談があります。相談は無料です。

●面接相談(専門医師・臨床心理士)
毎月第3水曜 15時00分 ~ 17時00分 ※予約制
●電話・面接相談(保健師)
月~金曜  9時00分 ~ 17時00分

お問合せ先:佐賀県不妊専門相談センター 0952-33-2298