本文にジャンプします
メニューにジャンプします

本人確認書類

本人確認書類
(2017年5月17日更新)

概要

戸籍に関する届出や、住民票の写しの交付請求などの手続の際は、本人確認書類が必要です。

※戸籍に関する届出の本人確認については、下記サイトに詳しく記載されています。

戸籍等の証明書を請求する時、窓口での「本人確認」が法律上のルールになりました」(法務省ホームページ)

本人確認が必要な主な届出・申請等

以下の手続きに際し、窓口に来られた方の「本人確認」を必ず行うこととなります。

本人確認書類の例

本人確認の具体的な証明の例は以下のとおりです。

※「氏名および住所」または「氏名および生年月日」が確認できるものであることが前提です。

※本人確認書類は有効期限内のもので原本に限ります。

 

窓口に来ている人の本人確認ができる書類

  1. 1点で確認可能なもの
    • 運転免許証
    • 旅券(パスポート)
    • マイナンバーカード 
    • 住民基本台帳カード(写真付き)
    • 国・地方公共団体の機関が発行した身分証明書(写真付き)※身体障害者手帳など
    • 在留カード又は特別永住者証明書

  2. 2点で確認可能なもの
    ※(ア)から2点、または(ア)と(イ)から1点ずつ

    (ア)
    • 各種健康保険被保険者証
    • 介護保険被保険者証
    • 各種年金手帳、年金証書
    • 写真付きでない住民基本台帳カード

    (イ)
    • 学生証(写真付き)
    • 法人が発行した身分証明書(写真付き)
    • 国・地方公共団体の機関が発行した資格証明書(写真付き)