本文にジャンプします
メニューにジャンプします

水道の冬じたくはお早めに

水道の冬じたくはお早めに
(2019年12月27日更新)
 冬になると水道管が凍結し、水が出なくなったり、水道管が破裂したりすることがあります。
 平成28年1月の寒波では、市内の多くの家庭の水道管が破裂し、断水に陥りました。このため、以下の点に注意して水道の冬じたくを進めて下さい。

自衛隊による給水の様子

*平成28年1月 自衛隊による給水

★水道管が凍結しやすいところ

  ・水道管がむき出しになっている

  ・日があたりにくい

  ・風あたりが強い 

★水道管の凍結を防ぐには

  露出した水道管には保温チューブを巻いてください。保温チューブがない場合は布などを巻き、その上を濡れないようビニールなどで覆ってください。

   メーターボックス内には布などを入れ、ふたの上に段ボールなどを載せてください。

   夜間の間わずかに水を流し続けることも有効ですが、流れた水には料金がかかるので、出し過ぎや、閉め忘れにご注意ください。

 

 露出した水道管に保温チューブを巻いてください


★水道管が凍ったときは 

 凍った箇所にタオルや布をかぶせ、その上からぬるま湯をかけてください。(熱湯をかけると水道管が割れる恐れがあります)

   凍結が解消された後には、水道メーターで漏水の有無を確認してください。(水道を使用していない状態でパイロットが回転している場合は、漏水の可能性があります)
メーターを水が通るとパロットと呼ばれる部品が回転します

★水道管が破裂したときは

 メーターボックス内の止水栓を閉め、それでも水が止まらない場合は破裂箇所に布かテープなどを巻き、市上下水道部または市指定水道工事店に連絡してください。

 
止水栓1止水栓2

市の指定工事店については、以下のリンク先をご覧ください。

    指定給水装置工事事業者一覧(市内)
 
     *指定工事店に関する問合先:伊万里市管工事協同組合 TEL0955-22-5333