本文にジャンプします
メニューにジャンプします

台風

台風
(2014年10月21日更新)

暮らしの情報 いざというとき

台風


 日本は台風の通り道です。中でも九州は台風の襲来が多いところです。台風は熱帯低気圧のひとつで、巨大な空気の渦巻きといえます。進路の右側の方が強風になりやすいため被害が大きくなります。


気象情報に注意を

 台風の規模や襲来時間は事前に知ることができます。気象台が発表する気象情報に注意するなど、日ごろの備えが大切です。 

注意報  

災害が起こるおそれがある場合(例:強風注意報)

警報

重大な災害が起こるおそれがある場合(例:暴風警報)

特別警報   

十数年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くおそれがある場合(例:暴風特別警報)

※詳しくは気象庁ホームページの気象警報・注意報をご覧ください。


台風の大きさ

階級

風速(毎秒)15メートル以上の半径

(表現しない)

500km未満

 大型:(大きい)

500km以上 800km未満

超大型(非常に大きい)

800km以上

※詳しくは気象庁ホームページの台風に関する用語をご覧ください。

台風の強さ

階級

最大風速(m/秒)

(表現しない)

33m未満

強い

33m以上 44m未満

非常に強い

44m以上 54m未満

猛烈な

54m以上

※詳しくは気象庁ホームページの台風に関する用語をご覧ください。