本文にジャンプします
メニューにジャンプします

保険証について

保険証について
(2014年2月3日更新)

国保の保険証

国保の保険証は、国保の被保険者であることの証明書であり、受診券でもあります。一人1枚の保険証が交付されます。大切に取り扱ってください。

  • 交付されたら記載内容を確かめましょう。
  • いつでも使えるよう、必ず手元に保管しましょう。コピーは使えません。
  • 顔見知りの医療機関でも、月に一度必ず保険証を提示しましょう。
  • 有効期限が過ぎた保険証は使えません。国保から新しい保険証が交付されます。
  • 資格がなくなったらすぐ国保へ返却しましょう。
  • 紛失したり破れて使えなくなったときは、国保の窓口に届け出て下さい。
  • 被保険者に異動があったときなどに、自分で書き直すと無効になります。
  • 他人との貸し借りは厳禁です。

退職者医療制度の適用を受ける方

退職者医療制度の適用を受ける方には、「国民健康保険退職被保険者証」が交付されます。この制度について、詳しくは退職者医療制度のページをご覧ください。