当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊万里市洪水ハザードマップ(避難地図)について

伊万里市洪水ハザードマップ(避難地図)について
(2011年6月14日更新)
表紙

 伊万里市では、松浦川、徳須恵川、伊万里川、新田川、有田川が大雨によって氾らんした場合を想定した浸水予想に基づいて、浸水する範囲とその程度および土砂災害危険区域を示し、また住民の皆様の安全確保の一助とするための避難所を示した「洪水ハザードマップ」を作成しています。
  いざ洪水が起こったときにあわてることがないように、このマップを参考に普段から危険箇所および避難場所への避難ルートの確認を行うなど、災害に対する備えにご活用ください。
  大雨が降りそうなときは、気象情報や災害情報メールなどで地域の情報を早めに確認され、自主的な避難を心がけてください。

洪水ハザードマップとは

 水防法第15条の規定に基づき、土砂災害警戒区域および河川の氾らんなどによる浸水情報や避難所に関する情報を地図上に示して、住民の皆様に分かりやすく提供することを目的として配布・公開されるものです。

洪水ハザードマップの閲覧について

 伊万里市役所市民情報コーナー(1階)、土木管理課(2階)、総務課(3階)において閲覧することができます。 

※浸水想定区域について

 この洪水ハザードマップで示している浸水想定区域は、国および県の情報を活用しており、市内の主要な河川の浸水想定区域をそれぞれ重ね合わせたものであるため、洪水などにより浸水想定区域の全てが浸水するとは限りません。

※避難における注意点について

 伊万里市が指定する避難所の中には、浸水想定区域内に位置するところがあります。河川のはん濫等による浸水で、避難所が使用できない場合や、避難所までの経路が危険な状態の場合には、市民の皆様に市や防災関係機関などから情報提供に従って、早めの避難をお願いします。

ダウンロード