本文にジャンプします
メニューにジャンプします

色絵六稜花唐草文皿

色絵六稜花唐草文皿
(2008年6月10日更新)
伊万里市重要文化財・美術工芸品

色絵六稜花唐草文皿

(いろえ ろくりょう はなからくさもん ざら)

新天町662番地13
伊万里・鍋島ギャラリー(伊万里駅西ビル2F)
平成15年(2003)4月1日指定

 この作品は、口径14.6~15.2センチ、高さ3.6センチの五寸皿です。
 器形は全体に偏平で浅い形です。ロクロ型打成形(かたうちせいけい)による六稜の輪花形(りんかがた)皿です。
 内側は、麻葉文(あさのはもん)が丁寧に染付で描かれ、その周囲に窓をとり、唐花唐草文(からはなからくさもん)が上絵のみで 描かれています。染付の下書き線はありません。
 上絵の輪郭線は赤で描き、中を緑と黄色で塗っています。このように、肥前磁器の古九谷様式の色絵磁器のうち、特に祥瑞手(しょんずいで)と呼ばれる磁器と共通する手法が、初期鍋島とされる作品に多く見ることができます。
 裏文様は、表と同様の染付の下書き線のない上絵のみで描かれた唐花唐草文を稜に合わせて六方に配しており、高台文様は七宝繋文(しっぽ うつなぎもん)です。
 器形や法量、上絵の色彩などから、1660年代から1670年代につくられた初期の作品と考えられます。