当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

寡婦年金

寡婦年金
(2018年5月17日更新)

概要・内容

第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が10年以上ある夫が亡くなったときに、10年以上継続して婚姻関係にあり、生計を維持されていた妻に対して60歳から65歳になるまでの間支給されます。

※亡くなった夫が、障害基礎年金の受給権者であったときや老齢基礎年金を受けたことがあるときは支給されません。

※妻が繰り上げ支給の老齢基礎年金を受けているときは支給されません。

支給内容

夫の第1号被保険者期間だけで計算した老齢基礎年金額の4分の3

対象者

支給の要件を満たす寡婦の方

請求できる人・請求方法・請求期日・請求窓口

死亡の届出があった日から14日以内に、必要なものをお持ちになり、市民課年金係へお越しください。

※対象となるご本人が請求してください。
 

必要書類

  1. 国民年金寡婦年金裁定請求書
  2. 年金手帳
  3. マイナンバーが確認できる書類
  4. 印鑑
  5. 戸籍謄本
  6. 請求者の住民票謄本(本籍、続柄の表示があるもの)
  7. 死亡者の住民票除票(本籍、続柄の表示があるもの)
  8. 請求者名義の金融機関の通帳
  9. 他の年金を受けているときは年金証書
  10. 所得(非課税)証明書

お問合せ

〒847-8501 佐賀県唐津市千代田町2565

唐津年金事務所 電話番号0955-72-5161