本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊万里市インターンシップ推進事業費補助金について

伊万里市インターンシップ推進事業費補助金について
(2022年8月1日更新)

伊万里市インターンシップ推進事業費補助金について

 将来にわたって持続可能なまちづくりを進めるためには、SDGsの目標である「働きがい」と「経済成長」の両立を図り、若者の働きやすい仕事の確保や定住を促進するための取組が必要となっています。

 伊万里市では、産業人材の育成及び学生の市内就職を図るため、インターンシップの受け入れを実施する市内の事業者に対し、市の予算の範囲内において、その費用の一部を補助します。

SDGs17のゴールSDGs働きがい

補助対象者

○市内に事業所、事務所又は営業所を有し、市税に滞納がない中小企業事業者

補助対象事業

○次の要件のいずれにも該当する事業

  • 市内の事業所等で実施するインターンシップであること
  • 実習生1人につき、実施期間が2日以上であること
  • 事業者と実習生が雇用関係にないこと
  • 実習生が代表者の三親等以内の親族でないこと

 

補助対象経費

  • 宿泊費(実習生の市内宿泊施設の宿泊に要する経費)
  • 交通費(実習生の住所又は居所と事業所等の往復に要する経費)
  • 保険料(実習生を対象として加入した保険に要する経費)
  • 事業経費(実習生受け入れに必要な消耗品費、印刷製本費等に要する経費)
  • その他市長が必要と認める経費

 *対象経費については実績報告の際、領収書など資金使途が明確に確認できる書類の提出が別途必要*

 

補助金額

 補助対象経費に3分の2を乗じた額

*ただし、補助金交付上限額は、学生1人あたり25,000円とする。

*同一年度内の補助金の交付申請は事業者1者につき、2回を限度とし、年間100,000円を上限とする。

 

申請方法

 インターンシップの受け入れを開始しようとする10日前までに、伊万里市インターンシップ推進事業費補助金交付申請書(様式第1号)に、次に掲げる書類を添えて、市企画政策課に提出してください。

 

  • 法人にあたっては履歴事項全部証明書
  • 法人にあたっては資本金の出資者のわかる書類(法人税申告書の別表二「同族会社の判定に関する明細書」等)
  • 個人事業主にあたっては運転免許証の写し
  • 市税の納税証明書
  • 誓約書(別紙1)
  • その他市長が必要と認める書類

 

書類様式

伊万里市インターンシップ推進事業費補助金交付要綱 .pdf(166KB)

様式.docx(27KB)