本文にジャンプします
メニューにジャンプします

佐賀県核燃料税交付金の活用のお知らせ(令和3年度実績)

佐賀県核燃料税交付金の活用のお知らせ(令和3年度実績)
(2022年11月4日更新)

核燃料税交付金の活用について

 玄海原子力発電所が近隣自治体に立地していることにより、核燃料税交付金が県から交付されます。

 核燃料税交付金は、原子力発電所施設の立地に伴う地域住民の生活の安定等を図ることを目的とするもので、令和3年度は交付金を活用して以下の4事業を実施しました。

(1) 防災行政無線施設管理事業

  • 内容     防災行政無線施設の維持管理による緊急情報伝達網の確保
  • 事業費    15,927,018円
  • 交付金充当額 15,927,000円

(2) 消防団運営事業

  • 内容     消防団組織の充実による災害発生時の安全の確保
  • 事業費    75,939,394円
  • 交付金充当額 50,889,000円

(3) 長期債償還元金

  • 内容     情報伝達網の充実のための防災行政無線整備に係る起債の償還
  • 事業費    1,729,456,286円
  • 交付金充当額        66,992,000円

(4) 道路管理事業

  • 内容     市道の補修等による避難道路の安全の確保
  • 事業費      107,749,160円
  • 交付金充当額     16,192,000円