本文にジャンプします
メニューにジャンプします

【毎月更新】資格を生かして働く~医療・介護・福祉の仕事~

【毎月更新】資格を生かして働く~医療・介護・福祉の仕事~
(2021年11月1日更新)

市内の医療機関や福祉施設などでは、看護師や介護福祉士、社会福祉士、保育士などの資格を生かして、それぞれの専門分野のプロとして、誇りを持ち、生き生きと働いている人がいます。

このコーナーでは、さまざまな職種とその仕事の魅力を紹介していきます。

介護支援専門員(ケアマネジャー)はどんな仕事

 ケアマネジャーは、介護保険制度の要介護認定や要支援認定を受けた介護を必要とする人とその家族の相談に応じ、生活環境や心身の状況を把握し、適切な介護保険サービスを利用できるように『介護サービス計画(ケアプラン)』を作成する専門職です。医療機関や介護事業所、行政などと連絡・調整を行います。

在宅で生活する人だけではなく、介護保険施設で生活する人を担当するケアマネジャーもいます。

ふくがわさん

ケアサポートこころ 

ケアマネジャー 福川智洋(ふくがわともひろ)さん  

相談

高齢者の方の思いに寄り添い、丁寧に話を聞いています

 

ケアマネジャーになったきっかけ

 中学生のころから、将来は高齢者を支える仕事がしたいと思っていました。

 専門学校で福祉や介護について学び、平成19年に資格を取得しました。

大切にしていること

 笑顔で、丁寧な対応をすることを心がけています。

 利用者様の思いに寄り添い、その方が望まれる生活に近づけるよう、努めています

仕事のやりがい

 利用者様やそのご家族の思いに応えることができたときや感謝の言葉をいただいたとき、この仕事を続けてよかったと感じます。

ケアマネジャーを目指す人へ

 ケアマネジャーの資格取得は難しく、狭き門といわれますが、やりがいがある魅力的な仕事です。

 地域の高齢者の方々を支えるケアマネジャーが一人でも多く、伊万里で活躍してほしいです。

 高齢者の皆さまが、住みやすい伊万里になるよう、一緒に頑張りましょう!

問合先

地域包括支援センター包括支援係   0955-23-2122

 
 

2022年11月1日

精神保健福祉士はどんな仕事

 主に精神福祉分野で活躍する国家資格を持つ専門家です。

 心に病を抱えた人や支援を必要とする人などが、自分のことを自分で決めて、自分らしく暮らせるように、相談や助言、生活支援、社会参加の手助けなどを行う仕事です。

 

精神保健福祉相談

医療法人博友会 堀田病院 高岡 純(じゅん)さん  

常に、傾聴に気を配りながら相談対応をしています

 

精神保健福祉士になろうと思ったきっかけ

 以前は、営業職でしたが、もっと人と触れ合い、関りを深める中で、喜びと感謝の気持ちを持ちたいと思い、資格を取りました。

大切にしていること

 相談される方の言葉の一つ一つに重みを感じ、言葉や表現だけでは分かりづらい本音や複雑な気持ちに、寄り添うように努めています。

仕事のやりがい

 相談内容は、つらく苦しいこともありますが、多くの人と関り、真剣に支援を考えることで、自分自身の成長につながっています。

精神保健福祉士を目指す人へ

 私たちは、相談される方を患者や障がい者としてではなく、多様な価値観をもって生活する『生活者』として対応しています。自分自身の生活観や経験を生かすことができる仕事です。

 あなたの経験や個性を生かして、いっしょに働きましょう!

問合先

長寿社会課高齢福祉・介護認定係   0955-23-2162

2022年9月1日

理学療法士はどんな仕事

 けがや病気で障がいを抱える人や身体機能が低下した人に、立ったり、歩いたり、座ったりする基本的な動作・能力の回復や維持、予防を目的として、運動療法や物理療法を行います。

 理学療法士の働く場所は、多岐にわたり、近年は病院や福祉施設だけではなく、予防医学を目的に、フィットネスクラブやジムなどで活躍している理学療法士もいます。

 江口さん 

 社会医療法人謙仁会山元記念病院 江口健太郎さん

リハビリ

 優しく声をかけながら足のストレッチを行う江口さん

 

理学療法士になろうと思ったきっかけ

 中学時代に野球でけがをしたときに、リハビリをしてもらいました。

 熱心に指導する姿がとても格好よく、興味をもちました。

 

大切にしていること

 常に、患者様の立場に立つことです。

 患者様が、リハビリで求めていることを実現できるように、がんばっています。

仕事のやりがい

 リハビリを受けた患者様が、「痛みが軽くなったよ」、「先生のおかげで、歩けるようになったよ」など、笑顔で話してくれる瞬間です。

理学療法士を目指す人へ

 人生100年時代といわれる中、理学療法士のニーズは、ますます高まっていると感じています。

 地域では、小中学生の野球教室や高齢者の百歳体操に携わっています。

 興味・関心がある人は、一緒に伊万里の医療業界を盛り上げていきましょう!

問合先

長寿社会課高齢福祉・介護認定係   0955-23-2162

2022年7月1日

保育士はどんな仕事

 乳児から就学前までの幼児を保護者の代わりに保育する仕事です。

 年齢や発達に合わせた遊びや活動、生活などの体験を通じた総合的な関わりの中で、成長の援助を行います。

 大久保保育園  松永佳歩(かほ)さん(左) 坂本咲希(さき)さん(右)

保育の様子

 ひとりひとりに寄り添いながら保育する様子

保育士になろうと思ったきっかけ

 高校の職場体験で、笑顔の子どもたちに囲まれながら、楽しそうに働いている保育士さんに憧れたことがきっかけです。

 

大切にしていること

 子どもたちの気持ちに寄り添って、コミュニケーションが築けるような関わり方を大切にしています。

 

仕事のやりがい

 運動会などの行事で、子どもたちが一生懸命練習し、キラキラした笑顔で発表することができたときは、大変さも忘れさせてくれます。

 

保育士を目指す人へ

● 大変なことも多いですが、やりがいのある仕事です。

● かわいい子どもたちの笑顔に癒やされながら、成長を一番近くで見ることができます。

● 毎日、子どもたちから”元気パワー”をもらっています。

 

すてきな保育士を目指して、一緒にがんばりましょう!

問合先

子育て支援課保育係   0955-23-2174

 

2022年5月2日

保健師はどんな仕事

 看護師と保健師の国家資格を持つ専門職で、地域住民の健康づくりが主な仕事です。

 県や市町村で、乳幼児健診・相談や家庭訪問、生活習慣病予防対策、各種検診、介護予防などの取組を行います。

 企業では、働く人たちの健康相談や保健指導、環境調整などを行います。

 

相談

  市民への相談指導の様子

 (左) 伊万里市健康づくり課 林七未希子(なみきこ)さん

保健師になろうと思ったきっかけ

 赤ちゃんからお年寄りまで、地域で暮らす人たちが安心して健康に過ごすためのサポートをしたいと思ったから

   です。

 

 

大切にしていること

  一人一人が抱えている悩みなどをよく聴き、気持ちに寄り添いながら十分に理解し、必要な支援ができるように

    心がけています。

 

仕事のやりがい

 健康診断の結果を見て、生活習慣の見直しなど、その人にできることを一緒に考え、その効果が見えたときに

   やりがいを感じます。

 

 

保健師を目指す人へ

● 市民の皆さんの健康をサポートする仕事であり、この仕事に誇りを持っています。

● 自分自身が常に勉強し、新しい知識を習得する必要がありますが、楽しく取り組んでいます。

健康で安心して暮らせる伊万里を一緒につくってい行きましょう!

問合先

健康づくり課健康推進係   0955-23-3916

 

 

 

2022年3月4日

看護師はどんな仕事

 看護師の仕事には、幅広い活躍の場があることを知っていますか。

 病院や診療所のほかに、訪問看護や介護・福祉関係施設、企業などで、専門職として活躍する場が広がっています。
 『人を看(み)る』という視点で、観察と判断をし、その人がその人らしく生きることを医療と生活の両面から

 支えます。

看護師

   伊万里看護学校
  看護科2年 福井貴帆 さん(左) 看護科3年 古賀美穂 さん(右)

看護師になろうと思ったきっかけ

● 介護施設で働くなかで、的確な処置や対応、心温かい介護をされる看護師さんと出会ったこと。

● 通所や訪問介護の仕事に携わり、自宅での生活と医療をつなぐ架け橋になりたいと思ったこと。

 

大切にしていること

● 患者さんの思いを尊重すること。笑顔で接すること。

● その人らしい生活ができるように、本人や職場の仲間と一緒に考えること。

 

仕事のやりがい

 さまざまな疾患や不安を抱えて日々過ごされている患者さんが、嬉しいときやつらいとき、どんな
ときでも側で支えてあげられる存在であること。

 

看護師を目指す人へ

● 働きながら学べる道があるので、いつからでも資格を取得することができ、幅広い分野で活躍
  出来る魅力があります。

● つらいことも楽しいこともありましたが、中学校2年の息子が、私の頑張りを誇りに思ってく
  れています。家族や大切な人を守る力になれることや笑顔になる手伝いができること、たくさ
 んの可能性が広がっています。

 

問合先

健康づくり課健康推進係   0955-23-3916

 

2022年1月1日

介護福祉士はどんな仕事

介護福祉士は、介護の資格の中で唯一の国家資格です。高齢者や障害がある人が、その人らしい暮らしができるように、さまざま職種のスタッフと協力し合い、支援をします。

また、専門的知識や技術を生かし、現場のスタッフの教育や指導も行って、介護施設などでリーダー的な役割を担います。

 

【主な仕事】

 ○身体の介護 ・・・ 食事や入浴、排泄、車いすでの移動の補助

 ○生活の支援 ・・・ 家事や買い物、身の回りの支援

 ○相談、助言 ・・・ 利用者やその家族の相談に対応      など

 

スタッフレクリエーション様子 

〔写真1〕社会福祉法人伊万里敬愛会 特別養護老人ホーム敬愛園

     松本智津子さん(左)と松本えりかさん(右)

〔写真2〕施設でのレクリエーションの様子

介護福祉士になったきっかけ

高校生のとき、施設へ実習に行きました。そこで、高齢者の笑顔を見て、「私も多くの人を笑顔にしたい」と思いました。

 

大切にしていること

ご利用者様が、安全・安心に生活が送れるように、目配りや気配りをしながら、いつも笑顔で接することを心がけています。

 

仕事のやりがい

ご利用者様やそのご家族などに、「ありがとう」と言われたり、笑顔で話しかけられたりすることに、喜びとやりがいを感じています。

 

介護福祉士を目指す人へ

夜勤などもあって生活リズムの調整と体力が必要ですが、ご利用者様から昔の話を聞いたり、一緒に歌を歌ったり、ゲームをするなど、元気をもらうことも多く、楽しいことがたくさんあります。

 

超高齢社会に必要なのはあなたです!介護で決まり!!

 

問合先

長寿社会課高齢福祉・介護認定係 0955-23-2162

 

2021年11月1日