本文にジャンプします
メニューにジャンプします

市民の皆様への市長からのメッセージ(令和3年1月22日)

市民の皆様への市長からのメッセージ(令和3年1月22日)
(2021年1月22日更新)
 

※耳が不自由な方へ、字幕を作成しています。動画再生後、「字幕」メニューで表示させてください。パソコンでご覧の方は、キーボードの「C(シー)」を押すだけでも表示の切替ができます。

 

市民の皆様への市長からのメッセージ(要旨)

市民の皆様へ


1 伊万里市における感染者の状況とお願い

 新型コロナウイルス感染症が全国的に急速に拡大しています。
 市においては、私が1月5日にメッセージとしてお知らせして以降、新たに6人の感染が確認されています。市内で感染が確認されたのは、1月22日午後4時現在、合計17人となります。

 このうち、本日陽性が確認された、10歳代、男性、2人は、1月20日に陽性が確認された、市外から市内小学校に勤務されている方に関連したものです。

 昨年までの感染者は、市民の方が市外での会食などによって感染されたものが大半でしたが、今年になってから市内で感染が確認されたのは、そのほとんどが、市外への通勤・通学の方や、市外から市内への通勤・通学の方でした。

 通勤・通学等による市内外との往来はやむを得ないことですので、事業所や学校関係者の皆様には、これまで以上に感染予防対策を行っていただきますとともに、特段の配慮をお願いしたいと思います。

2 新型コロナウイルス感染症の感染予防について

 次に、新型コロナウイルス感染症の感染予防についてお願いです。

 私たちの日常生活の中でも、身近なところで感染する恐れが高まっています。
 市民の皆様におかれましては、これまで以上にマスクの着用や手洗いの徹底、手・指の消毒を行うとともに、三密(密閉・密集・密接)を避けるなどの感染予防対策をとってください。そして、不要不急の外出、緊急事態宣言が発令されている地域への不要不急の往来は控えていただきますようお願いします。また、体調が悪いときは外出を控えるなど、冷静に行動してください。

 

3 思いやりを持った行動をしましょう

 

 最後に、思いやりを持った行動をしていただきますよう、私から、再度のお願いです。
 感染者やその家族、濃厚接触者、医療従事者への差別やひぼう中傷、また、感染者や職場の特定につながるような詮索は絶対にしないでください。「相手を思いやる」という当たり前の行動をお願いします。

 以上、市民の皆様には、感染拡大防止のため、引き続き御理解と御協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

  令和3年1月22日

伊万里市長 深 浦 弘 信