本文にジャンプします
メニューにジャンプします

行政評価の結果を公開します(令和2年度)

行政評価の結果を公開します(令和2年度)
(2021年3月1日更新)

伊万里市における行政評価 ~令和2年度の取り組みについて~

 

 伊万里市では、「限りある行政資源を有効かつ効率的に活用した自治体経営」を目標に、PDCAサイクルを利用した行政評価に取り組んでいます。
 令和2年度は、令和元年度中に実施した事務事業について評価を行いましたので、その結果についてお知らせします。

1 評価票を見る

下記の所属名をクリックすると、各課の評価票を見ることができます。

総務部

  総務課  防災危機管理課  消防調整課

総合政策部

  企画政策課  財政課  情報政策課  企業誘致・商工振興課  観光戦略課

市民生活部

 まちづくり課   人権・同和対策課 市民課  環境課  市民センター

健康福祉部

 長寿社会課  健康づくり課  福祉課  子育て支援課

建設農林水産部

 農業振興課  農山漁村整備課  道路河川課  都市政策課  地籍調査課

 伊万里湾総合開発・国道対策課  施設営繕課

上下水道部

  管理課  下水道施設課

教育委員会

 教育総務課  学校教育課  生涯学習課  市民図書館  スポーツ課

議会事務局

  議会事務局

2 行政評価とは

 
 行政評価は、市が実施する行政サービスの一つひとつを「何を目的に」「どれだけのコストで」「どのような成果を上げたか」等の視点から自己評価を行い、課題を明らかにすることで次の活動に活かしていくという行政経営の手法です。
 マネジメント(経営管理)の基本である「企画(Plan)→実施(Do)→評価(Check)→改善(Action)」(PDCAサイクル)のなかで、行政運営において特に不足しているとされる「実施から評価、評価から企画へのつながり」を確保するためのもので、現状における課題の把握や職員の意識改革、説明責任の向上などの効果があります。

 

 

3 伊万里市の行政評価

 伊万里市では、第6次伊万里市総合計画を策定し、将来都市像である「人がいきいきと活躍する 幸せ実感のまち 伊万里」の実現に向け、各種施策を展開しました。

 現在、「施策-事業群-事務事業」という3階層による評価ではなく、市民生活に直結する事務事業を対象に評価を実施しています。

 

第6次総合計画における施策体系と行政評価の階層

 本年度は、令和元年度に実施した事務事業のうち政策的事業と位置付けられる事務事業について評価を行いました。

4 令和元年度の取り組み

  • 事務事業評価の実施 
  • 令和2年度政策事業計画における活用  
  • 行政評価委員会でまとめた報告書を市長に提出
  • 事務事業評価表の公表

 

5 行政評価委員会による第三者評価

 今年度、行政評価制度の充実を図るため、有識者や市民代表で組織する「伊万里市行政評価委員会」を設置しました。

 当委員会の主な役割は評価精度の向上支援であり、分かりやすい表現方法や現状の分析、指標設定の妥当性などについて指摘、助言をいただきました。

 その内容及び結果は以下のとおりです。

 行政評価委員会報告書.pdf(309KB)

   

6 評価結果の概要を見る

 令和2年度に評価を実施した事務事業の評価結果(概要)については、以下のとおりです。

 事務事業結果概要.pdf(188KB)
 個別の事業に関するお問い合わせは、評価表に記載されている担当部署までご連絡ください。