本文にジャンプします
メニューにジャンプします

インフルエンザ定期予防接種

インフルエンザ定期予防接種
(2020年9月30日更新)

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こり、例年12月から3月ごろに流行します。

 症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの傷み、咳、鼻水などもみられ、普通の風邪に比べて全身の症状が強いのが特徴です。

 予防の基本は、流行前に予防接種を受けることです。

 予防接種は、高齢者の発病予防や、特に重症化予防に有効であることが確認されています。予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに、2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は、約5か月間とされています。より効果的に、有効性を高めるためには、インフルエンザが流行する前に、接種を受けておくことが望ましいとされています。

  また今年度は新型コロナウイルス感染症の流行が懸念されるため、インフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。日本感染症学会の提言では、医療関係者、高齢者、ハイリスク群(妊婦等)、小児(特に乳幼児(生後6か月以上)から小学校低学年(2年生))への接種が強く推奨されるとされています。詳しくは下記をご参照ください。

 

接種期間

令和2年10月1日~令和2年12月31日

 

対象者

接種当日伊万里市に住民票がある人で

(1)接種当日65歳以上の人

(2)接種当日60歳以上65歳未満の人で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人(身体障害者手帳1級程度)

※予防接種は、本人の意思確認ができない場合は、助成の対象外になります。

 

費用

 自己負担額 1400円

※生活保護世帯の方は、生活保護受給証明書を医療機関に提出することで無料になります。

 

接種回数

 1回

 

実施医療機関

 ※医療機関に電話でのご予約をお願いします。

※佐賀県内の実施医療機関でも受けることができます。市外の実施医療機関については、直接医療機関にお尋ねください。

持参するもの

「健康保険証」「運転免許証」など、住所・氏名・年齢が確認できるもの

 

接種時の注意

予防接種は、体調の良い時にお受けください。

接種後配布される済証は、健康手帳などに貼って、大切に保管してください。

 

季節性インフルエンザワクチン接種時期のご協力のお願い

 厚生労働省は、過去5年で最大量(6300万人分)のワクチンを供給予定ですが、より必要とされている方に確実に届くように、接種時期のご協力をお願いします。

 

≪10月1日~≫

 ・65歳以上の方(定期接種対象者)

 ・65歳以上の方のほか、60歳から65歳未満の慢性高度心・腎・呼吸器機能不全者等

 

≪10月26日~≫

 ・医療従事者 ・基礎疾患を有する方 ・妊婦 ・生後6か月~小学2年生

※上記以外の方も、10月26日以降は接種できます。

 

  詳しくは、添付しているリーフレットをご確認ください。  リーフレット.pdf(200KB)