本文にジャンプします
メニューにジャンプします

全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いた情報伝達訓練の実施について

全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いた情報伝達訓練の実施について
(2021年3月15日更新)

訓練概要

 この訓練は、国が緊急情報の伝達手段である「全国瞬時警報システム(Jアラート)」を全国的に自動起動させ、機器の稼働状況を確認し、緊急時にも情報伝達が確実に行えるようにするために実施されるものです。

 訓練の際には、屋外スピーカーならびに、区長・消防団幹部の方などに配布している戸別受信機から、訓練内容に即した放送が流れますが、避難等をしていただく必要はありませんのでご注意ください。

 ※Jアラートは音声データで配信されるため、文字表示機には「緊急音声放送中」と表示されます。

 ※広範囲での地震や本市での大雨などの気象条件により、訓練を中止する場合があります。

訓練日時

(1) 令和3年 5月19日(水) 午前11時00分  Jアラート訓練  

(2) 令和3年 6月17日(木) 午前10時00分  緊急地震速報訓練

(3) 令和3年10月 6日(水) 午前11時00分  Jアラート訓練   

(4) 令和3年11月 5日(金) 午前10時00分  緊急地震速報訓練

(5) 令和4年 2月16日(水) 午前11時00分  Jアラート訓練

放送内容

「全国一斉情報伝達訓練」(Jアラート訓練)

 ♪上りチャイム

 「これは、Jアラートのテストです。」×3回

 「こちらは防災いまりです。」

 ♪下りチャイム

「緊急地震速報訓練」

 ♪上りチャイム

 「こちらは防災いまりです。」

 「只今から、訓練放送を行います。」

 

 ♪緊急地震速報チャイム

 「緊急地震速報、大地震です。大地震です。」  ×3回

 「これは訓練放送です。」

 

 「こちらは防災いまりです。」

 「これで訓練放送を終わります。」

 ♪下りチャイム

全国瞬時警報システム(Jアラート)とは?

 対処に時間的な余裕がない地震・津波などの自然災害や弾道ミサイルなどの緊急情報を、人工衛星を用いて市町村の防災行政無線を自動起動させることにより、国から直接住民の皆様に対していち早く伝達するシステムです。