本文にジャンプします
メニューにジャンプします

性的指向・性自認を理由とする偏見や差別をなくしましょう

性的指向・性自認を理由とする偏見や差別をなくしましょう
(2019年3月7日更新)

 「男性が男性を、女性が女性を好きになる」ことに対して、根強い偏見や差別があり、苦しんでいる人々がいます。また、からだの性と心の性との食い違いに悩みながら、周囲の心ない好奇の目にさらされたりして苦しんでいる人がいます。
 性的指向・性自認を理由とする差別や偏見をなくし、理解を深めることが必要です。
 

~性の多様性を認め合い、誰もが過ごしやすい環境をつくっていきましょう~ 

性的指向について

 性的指向とは、人の恋愛・性愛がどういう対象に向かうのかを示す概念を言います。
 具体的には、恋愛・性愛の対象が異性に向かう異性愛(ヘテロセクシュアル)、同性に向かう同性愛(ホモセクシュアル)、両方に向かう両性愛(バイセクシュアル)を指します。
 同性愛者、両性愛者の人々は、少数派であるがために偏見や差別に苦しんでいる人々がいます。

性自認について

 性自認とは、自分の性をどのように認識しているのか、どのようなアイデンティティ(性同一性)を自分の感覚として持っているかを示す概念です。「こころの性」と呼ばれることもあります。
 多くの人は、性自認(こころの性)と生物学的な性(からだの性)が一致していますが、この両者が一致しない人は、そのために違和感を感じたり、身体の手術を通じて性の適合を望むことさえあります。そして偏見の目を向けられたり、職場などで不適切な扱いを受けたりすることがあります。

相談窓口について

 多様な性に関する悩みについて、これまで誰にも話せず一人で悩んでいた皆さん、話をしてみませんか。

●相談窓口
・佐賀県DV総合対策センター (LGBTに関する相談)
 ◇相談専用ダイヤル 090-1926-8339
 ◇
相談日時 毎月 第2土曜 第4木曜 14時00分~16時00分

 佐賀DV総合対策センターホームページ