本文にジャンプします
メニューにジャンプします

男女協働参画フォーラム『問題行動は 子どもからの“SOS”』を開催しました

男女協働参画フォーラム『問題行動は 子どもからの“SOS”』を開催しました
(2020年12月1日更新)

男女協働参画フォーラム『問題行動は 子どもからの“SOS”』を開催しました

伊万里市民センター1階・文化ギャラリー      令和2年10月10日(土)

講 師

安永 智美(やすなが さとみ)さん  福岡県警察本部生活安全部少年課 少年健全育成室課長補佐

                   少年サポートセンター 警察庁指定広域技能指導官

内 容

非行少年のレッテルを貼られた子どもたちは、ひとりの例外もなく、必ず不幸な原因があって、悪いこととわかっていながら、問題行動をおこしています。子どもを犯罪の加害者にも被害者にもしない。そして不幸少年を作らないために。

参加者

60名

感 想

安永智美先生が、警察の相談機関でもある少年サポートセンターで出会った少年たちの貴重なお話は、思いを伝える事が出来ない子どもたちのために、私たちが出来ることを学ぶことが出来ました。

「家庭」「学校」「地域」が、これまで以上に連携し、子どもたちを理解あることで、悲惨な虐待やいじめがなくなるよう、努力していきたいと思いました。

主 催

伊万里市 企画政策課 ・男女協働参画懇話会「いまりプラザ」