本文にジャンプします
メニューにジャンプします

「ストップ ザ 温暖化 いまりアクションプログラム」2018年度の実施状況をお知らせします

「ストップ ザ 温暖化 いまりアクションプログラム」2018年度の実施状況をお知らせします
(2018年9月28日更新)

 2017年度に策定した第4次伊万里市地球温暖化対策実行計画「ストップ ザ 温暖化 いまりアクションプログラム」で、市の管理する施設では、2021年度までに二酸化炭素(C0₂)排出量の『5%以上削減』(2016年度実績値を基準)を目標として掲げ、省エネルギーに取り組んでいます。

 《2018年度実績》
 二酸化炭素(CO2)排出量を14.4%削減

 【主な削減理由】
 電気使用における二酸化炭素(CO2)排出係数(※)が小さくなったため

 ※二酸化炭素(CO2)排出係数とは、単位生産量あたりの二酸化炭素排出量を表します。例えば、電気1kWhを使ったときに排出された二酸化炭素の量を表している数値です。CO₂排出係数は2016年度で0.509[kg-CO₂/kWh]、平成2017年度は0.43[kg-CO₂/kWh]と13.9%係数が小さくなっています。

♦二酸化炭素(CO2) 排出量の比較表                                       単位:トン 

 項目

 基準値
(2016年度)

 目標値
(2021年度)

実績値 
(2018年度)

 基準値比較
※1

 A施設:主に職員が使用する施設(本庁舎、水道部庁舎)

電気

 373

 354

305

18.2%減

その他燃料
(※2)

 231

 220

 187

 19.0%減

小計

 604

 574

 492

 18.6%減

 B施設:主に市民が多く利用する施設(市民センター、公民館、学校、保育園など)

 電気

 1,628

 1,546

 1,377

 15.5%減

 その他燃料

 360

 342

 280

 22.2%減

 小計

 1,988

 1,889

 1,652

 16.7%減

 C施設:事業活動を行う施設(水道施設(有田川浄水場を除く)、下水道施設など)

 電気

3,226

 3,065

 2,791

 13.5%減

 その他燃料

 501

 476

 447

 10.8%減

 小計

 3,727

 3,541

 3,237

 13.1%減

 合計
(A+B+C)

 6,319

 6,004

 5,381

 14.9%減

 
 D施設:基準年以降に新築、大規模増改築、事業内容の大きな変更があった
    施設(有田川浄水場)(※3)

 電気

1,319

 1,224

7.2%減

その他燃料

小計 

 1,319

 1,224

 7.2%減


※1 基準値、目標値、実績値は小数点以下を四捨五入しており、その影響で計や基準値比較の割合にズレが生じています。
※2 内訳:都市ガス、プロパンガス、灯油、A重油、ガソリン、軽油
※3 D施設は数値目標を設定せず、可能な限り環境に配慮し二酸化炭素の削減などに取り組みます。


  削減できた項目は、今後も取り組みを維持する一方、削減できなかった項目については、対策や具体的な行動を徹底し、さらなる職員の意識啓発と取り組みの徹底に努めます。