本文にジャンプします
メニューにジャンプします

平成28年度下期の財政状況を公表します

平成28年度下期の財政状況を公表します
(2017年5月31日更新)

 伊万里市の平成28年度末(平成29年3月31日)における予算規模は、一般会計において276億395万円、特別会計191億9,038万円、合計467億9,433万円となります。
 平成28年度下半期(平成28年10月1日~平成29年3月31日)における予算並びにその執行のあらましは次のとおりです。

〔1〕一般会計

1.歳入

 予算現額276億395万円のうち市税等の自主財源は119億4,266万円(構成比率43.3%)、地方交付税、国県支出金、市債等の依存財源は156億6,129万円(56.7%)となっています。
 下半期における収入済額は、127億4,801万円で、累計でみると、予算現額の84.6%にあたる233億6,551万円となります。
その主なものは、市税63億570万円、地方交付税53億7,368万円、国県支出金58億8,806万円です。

2.歳出

 予算現額276億395万円を性質別にみると、人件費、扶助費などの消費的経費が174億938万円で全体の63.1%を占め、建設事業などに使う投資的経費は、21億1,712万円で7.7%、公債費などのその他の経費は、80億7,745万円で29.2%となっています。
 下半期における支出済額は、135億9,035万円で、累計でみると、予算規模の86.8%にあたる239億6,645万円となります。
 一方、目的別に分類すると、予算規模は民生費106億3,446万円(構成比率38.5%)、総務費52億7,690万円(19.1%)、公債費22億4,127万円(8.1%)、教育費20億8,383万円(7.6%)、土木費17億550万円(6.2%)、衛生費15億4,128万円(5.6%)、消防費14億1,441万円(5.1%)、農林水産業費10億6,028万円(3.8%)などとなっています。

〔2〕特別会計

 国民健康保険特別会計ほか6特別会計の予算規模は、総額191億9,038万円となり、下半期における収入済額は75億7,631万円で、累計で見ると、予算現額の81.4%にあたる156億1,890万円であり、下半期における支出済額は85億9,203万円で、累計でみると、予算現額の87.2%にあたる167億3,402万円となっています。

伊万里市財政状況

1.平成28年度一般会計予算執行状況(PDF:87KB) 

2.平成28年度特別会計予算執行状況(PDF:65KB) 

3.平成28年度一般会計予算性質別内訳(PDF:42KB) 

4.市債の状況(PDF:50KB) 

5.財産の状況(PDF:34KB)

6.一時借入金の状況(PDF:38KB)