当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
本文にジャンプします
メニューにジャンプします

健康診査(特定健診・長寿健診・30歳代健診)

健康診査(特定健診・長寿健診・30歳代健診)
(2019年5月27日更新)
 

令和元年度の特定健康診査が6月1日から始まります!
       (集団健診は5月23日から始まります)
 
 
伊万里市では、糖尿病や高血圧などの生活習慣病予防と早期発見のための特定健康診査(特定健診)を実施しています。

この特定健診の受診はみなさんの大切な健康を守るとともに、医療費や保険税の増加を抑制することにもつながります。無料で受けられますので必ず受診しましょう。

 

 対象者


(特定健診)伊万里市国民健康保険に加入している40歳~74歳までの人
※ 年度内に75歳になる人は誕生日の前日までにできるだけ受診して下さい。
※ 通院中や定期的に検査を受けている人も対象になります。かかりつけ医で実施した検査データの情報提供に

  よって特定健診の受診と同様に取り扱うこともできます。まずはかかりつけ医に特定健診の受診票を持参し

  てご相談ください。
※   年度途中で国民健康保険の資格を失った場合(他の保険に加入手続き中の人も含む)は、受診票をご利用でき

  ません。 新しく加入された医療保険者(お勤めの会社等)へお尋ねください。
 
(長寿健診)75歳以上の人及び65歳以上で早期に後期高齢者医療に加入している人

(30歳代健診)令和2年331日時点で30歳~39歳になる人

       ※ 保険の種類に関係なく受診できます。


 

受診票

 対象者には、令和元年5月中に、受診票を発送します。年度途中で伊万里市国民健康保険に加入された人や受診票を紛失された人は、健康づくり課へお電話ください。 

 個人負担金

  無料 ※受診票の利用は年に1回となっています。


特定健診・長寿健診・30代健診の受診の流れ


1
.受診方法を選ぶ
 (1) 医療機関で受ける

  【実施期間】 令和元年6月1日~令和2年3月31日まで
  【実施機関一覧】 令和元年度健診受診方法.pdf(394KB)
  ※ 佐賀県内の実施機関であれば市外でも受診できます。(30代健診を除く)市外の実施医療機関

    については、直接医療機関にお問い合わせください。
 
 (2) 集団健診で受ける(公民館や市民センターなどの集団で実施する健診)

     集団健診日程表  令和元年度健診受診方法.pdf(394KB)
 
 (3) 人間ドック脳ドッグ

    伊万里市国民健康保険に加入されている40歳から74歳までの方、または市内在住の佐賀県

          後期高齢者医療保険に加入されている方は日帰り人間ドック・脳ドッグの受診費用が助成

    れます。

    ご希望の方は、市役所市民課年金保険係に事前申込みが必要です。
    利用できる医療機関が限られていますので、市役所市民課年金保険係へお尋ねください。


  ※ 人間ドック・脳ドック受診時に受診票が必要です。

  (1)(2)(3)のいずれかで受診してください。 
 

2. 健診を受診する

 (1)  受診時に必要なもの
  ◆ 受診票
  ◆ 国民健康保険被保険者証 または 後期高齢者医療被保険者証

  ◆ 前年度の健診結果(持っている人)
  ◆ 健康手帳(持っている人)


(2) 注意事項

     正確な検査をするために、健診の前日は飲酒や激しい運動を控え、朝食は取らずに受診して

               ください。ただし、水・お茶・常用の薬は内服可能です
   
 (3) 検査項目

基本的な健診の項目

問診

自覚症状・既往歴・受診状況・服薬歴・喫煙習慣

内科検診

視診・聴打診・触診など

身体計測

身長・体重・BMI・腹囲

血圧測定

血中脂質検査

中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール

代謝検査

血清尿酸

血糖検査

空腹時血糖・ヘモグロビンA1c

肝機能検査

GOTGPTγ-GTP

腎機能等検査

血清クレアチニン・e-GFR

尿検査

糖、蛋白、潜血

 

詳細な健診の項目

(血圧や前年度の検査結果などに基づき、医師の判断で検査されます)

貧血検査

赤血球数・血色素・ヘマトクリット               

心電図検査

眼底検査

 (4) 健診結果

〔個別健診〕

   健診結果は、直接健診機関から説明がある場合と郵送の場合があります。

   健診結果から自分の健康状態を把握しましょう。

 〔集団健診〕

   各公民館、市民センターで結果説明会を開催します。

特定保健指導について 

 特定健診の結果で、メタボリックシンドロームの危険性が高いと判断された人へ「特定保健指導」を実施しています。 

 特定保健指導は、対象者の人にとって適切な食事や運動の実践について、無料で医師・保健師・管理栄養士などの専門家が6ゕ月間サポートするものです。

 

対象者

 特定健診の結果で、体重または腹囲が基準以上であることに加えて、血圧、血糖、脂質のいずれかが基準以上にある人。喫煙歴がある人も対象になります。対象者には健康づくり課から連絡します。

 

 なお、特定健診の時点で血圧、血糖、脂質について治療されている人については対象になりません。  

 

費用

 無料
 

二次検診

 頸部動脈エコー検査、経口ブドウ糖負荷試験、微量アルブミン検査を無料で実施します。詳しくは健康づくり課にお問い合わせください。