本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊万里市電力の調達に係る環境配慮方針について

伊万里市電力の調達に係る環境配慮方針について
(2018年9月5日更新)

伊万里市では電力調達契約の競争入札の実施に際し、環境に配慮した契約を締結するために必要な事項を定めています。

伊万里市では、国等における温室効果ガスの排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律(平成19年11月施行)の規定に基づき、市が行う電力契約の入札に際し、小売電気事業者の環境配慮の状況を評価することで温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約を推進するため「伊万里市電力の調達に係る環境配慮方針」を定めています。

1.入札方式

条件付競争入札(入札参加裾切方式)

2.本方針の適用対象機関

市の全ての機関が、競争入札により電力を調達する際に適用します。

3.本方針では次の項目をすべて満たす者であることを入札参加資格の要件とします

(1)経済産業大臣による小売電気事業の登録を受けている者。
(2)電源構成及び調整後二酸化炭素排出係数の情報開示を経済産業省「電力の小売営業に関する指針」に示された電源構成等の算定や開示に関する望ましい方法に準じて実施している者。
(3)環境評価項目の合計が70点以上である者。

4.入札参加手続き

電力の競争入札が実施される際に、入札に参加を希望する電気事業者は様式1、2に必要事項を記入し、添付資料を添えて市が指定する提出先へ提出して下さい。後日、市から入札参加資格の有無について通知します。

5.関連ファイル

伊万里市電力の調達に係る環境配慮方針pdf(124KB)
別表1「伊万里市環境に配慮した電力調達に係る評価基準」pdf(200KB)
様式1「伊万里市環境に配慮した電力調達契約評価申請書」docx(15KB)
様式2「伊万里市環境に配慮した電力調達契約評価項目等報告書」docx(19KB)