本文にジャンプします
メニューにジャンプします

みんなのひろば

2017年12月>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
みんなのひろば

2017年6月18日 すみやま棚田で『つけもの寿司』試食会

地域の思いをレシピにして発信

完成した御膳を前にほほえむ田﨑さん(左奥)ら関係者

 6月18日、二里町の炭山地区にある農業体験センター『おもしろ工房 山桜』で、『すみやま棚田』の食材などを生かしたユニークな料理の試食会がありました。『つけもの寿司』と名付けられたその料理、作ったのは『市食のまちづくりアドバイザー』の田﨑志織さんと、田﨑さんが主宰する『レシピ開発研究所』のインターンの学生です。
 平成27年から、伊万里の窯元や農家などの思いを器に合った料理レシピにして発信している同研究所。今回の催しは、『すみやま棚田守る会』会長の木寺清太さんが、「もっと多くの人に『すみやま棚田』を知ってもらいたい」という思いを田﨑さんたちに語ったことから、『地域活性食プロジェクト』としてインターン生が企画したものです。
 この日は地元食材の漬物を使った5種類の寿司を、手打ちそばや梅ゼリーなどが囲む懐石風の御膳が登場。伊万里焼の器の繊細な絵付けとも相まってセンス良く仕上がっており、参加者はほとんど完食していました。
 インターン生の今後の活動に期待が高まります。

2017年6月18日