本文にジャンプします
メニューにジャンプします

伊万里市郷土研究会平成29年度記念講演会

伊万里市郷土研究会平成29年度記念講演会
(2017年4月19日更新)
kinenkouen.jpg
 平成29年度の伊万里市郷土研究会の記念講演会が下記のとおり開催されますので、市民の皆様もふるってご参加いただき、多数ご聴講くださるようご案内申し上げます。

日時: 5月20日(土) 14時30分~16時00分

会場: 伊万里市生涯学習センター 2F 第3学習室

参加料:無料 

講演会
講師: 独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所
       研究員 芝 康次郎 氏
演題 :「腰岳に魅せられた先史時代の人々」
      ~近年の腰岳における調査成果を中心にその利用実態に迫る~
概要:
 腰岳は、先史時代には石器の材料である黒曜石の山としてよく知られていました。腰岳の黒曜石は、縄文時代には遠く沖縄や韓半島にまで到達したことが分かっています。
 腰岳の山中には現在でも至るところに黒曜石が散らばっていますが、最近では、はるか昔の人々の活動痕跡である遺跡も数多くあることが分かってきました。なかには先史時代における腰岳の利用実態を考え直さなければならない重要な発見もありました。
 腰岳の黒曜石はなぜ、それほどまでに重宝されたのでしょうか。発表では最近の調査成果を中心に、先史時代人にとって腰岳がどのような山だったのか、ということについて考えてみたいと思います。

チラシ.pdf(477KB)