本文にジャンプします
メニューにジャンプします

『伊万里市犯罪被害者等支援条例』を施行しました

『伊万里市犯罪被害者等支援条例』を施行しました
(2017年4月19日更新)

伊万里市では、犯罪被害者やその家族が受けた被害の軽減及び回復を目的とした支援を行うため、平成29年4月1日に『伊万里市犯罪被害者等支援条例』を施行しました。 

条例制定の目的

   犯罪被害者やその家族は、犯罪による生命や身体の直接被害だけでなく、精神的・経済的問題など様々な問題を抱えることになります。また、うわさや心ない中傷等により、二次被害を受ける場合もあります。

   この条例は、犯罪被害者等が受けた被害の軽減及び回復を図り、安全で安心して暮らすことができる地域社会の実現に寄与することを目的としています。

条例の主な内容

・市は支援施策を講じ、関係機関等と連携・協力を行います。

・市民等は犯罪被害者等の名誉、生活の平穏を害することのないよう配慮し、市などが行う支援への協力に努めます。

・総合窓口を市民部人権・同和対策課に設置し、相談対応・情報提供を行います。

・犯罪行為により死亡された被害者の遺族、または傷病(治療に要する期間が1ヶ月以上)を負った市民の方に対し見舞金を支給します。
・市は犯罪被害者等に対する市民等の理解の増進に努めます。

伊万里市犯罪被害者等支援条例.pdf(119KB)
伊万里市犯罪被害者等見舞金の支給に関する規則.pdf(252KB)

伊万里市犯罪被害者等支援

犯罪被害者等支援について