本文にジャンプします
メニューにジャンプします

9月10日は「下水道の日」です。

9月10日は「下水道の日」です。
(2017年9月8日更新)
 「下水道の日」は、昭和36年に建設省(現国土交通省)、厚生省(現在は、環境省に所管変更)、日本下水道協会が整備の遅れていた下水道の全国的な普及促進を目的として「全国下水道促進デー」として制定したのが始まりです。その後、平成13年に旧下水道法制定100周年を記念して、より親しみのある「下水道の日」という名称に変わりました。
 下水道の大きな役割のひとつである「浸水の防除」を念頭に、台風シーズンである220日(立春から数えて220日にあたる9月10日頃は台風が多く、「にひゃくはつか」と呼ばれています。)にちなんで9月10日と定められました。

※下水道の日を機会に、下水道の役割について考えてみませんか。