本文にジャンプします
メニューにジャンプします

幼児インフルエンザ予防接種の2回目に2,000円を助成します

幼児インフルエンザ予防接種の2回目に2,000円を助成します
(2017年10月1日更新)

幼児インフルエンザ予防接種の2回目に2,000円を助成します

 《小学校就学前幼児の保護者の皆さまへ》

幼児のインフルエンザの発病や重症化の予防と子育て世帯の負担を軽減することを目的に、予防接種の2回目を受けた幼児の保護者に対して、予防接種費用の一部として2,000円を上限に助成を行います。

助成対象者

・市内に住居を有する小学校就学前の幼児の保護者

・市内の児童福祉施設に居住する小学校就学前の幼児の保護者

※小学校就学前の幼児とは、平成23年4月2日以降に生まれた児童をいいます。

対象期間

変更前:平成29年10月中旬~平成29年12月31日
変更後:平成29年10月中旬~平成30年  1月31日
*平成29年度に限り、接種期間を平成30年1月31日まで延長します。

助成金額

対象期間内に2回目の接種を受けた幼児1人に対し2,000円を助成します。(接種費用が2,000円未満の場合は接種費用とします。)

※インフルエンザの発病や重症化の予防のためには、幼児の場合、1回よりも2回接種した方がより効果を期待できるため、2回目の接種をされた方への助成としています。  


助成方法(AとBの2種類があります)

 A 現物給付(下記の協力医療機関で2回目の接種を受けた場合)

  協力医療機関に置いてある、「インフルエンザ予防接種実施報告書(協力医療機関用)」の同意書欄に記入することで、接種費用が2,000円差し引かれます。


*必要なもの(各医療機関にご持参ください)

・母子手帳(1回目の接種証明を受けているもの)または、1回目の接種証明書

・幼児の健康保険証


B 償還払い(下表の医療機関以外で2回目の接種を受けた場合)

 接種費用を全額支払い、医療機関で「インフルエンザ予防接種費助成申請書(個人申請用)」に2回目の接種と支払いの証明を受け、市役所福祉課で申請すると、後日2,000円が支払われます。

 ※接種月の翌々月末までに申請してください。(期限厳守)


*必要なもの(市役所福祉課へご持参ください)

・接種証明を受けた「インフルエンザ予防接種費助成申請書(個人申請書用)」

 ※申請書は福祉課子育て支援係や各公民館に用意しています。また、下記よりダウンロードもできますのでご利用ください。

・印鑑(朱肉使用をするもの)

・保護者名義の通帳

・幼児の健康保険証 

   申請書ダウンロード: 伊万里市幼児インフルエンザ予防接種費助成申請書.doc(38KB)


協力医療機関(2回目の接種時に現物給付を実施)

※医療機関により受付可能な年齢が異なりますので、ご注意ください。

注意事項

・予約が必要な場合がありますので、直接医療機関へお問い合わせください。

・受付可能な年齢は表で確認してください。

・できるだけ、かかりつけ医療機関をご利用ください。    

地区

医療機関名

受付年齢

地区

医療機関名

受付年齢

伊万里

岡村医院

0歳から

南波多

小島医院

0歳から

木本耳鼻咽喉科医院

0歳から (生後6ヶ月以上)

大川

大川野クリニック

3歳から

夏秋医院

3歳から

二里

井手小児科医院

0歳から

浜田産婦人科クリニック

3歳から

いとう小児科

0歳から

日高医院

3歳から

東山代

内山産婦人科医院

0歳から

古川内科クリニック

1歳から

山代

西田病院

3歳から

大坪

隅田病院

3歳から

水上医院

4歳から

立花

産婦人科南ヶ丘クリニック

0歳から

有田町

伊万里有田共立病院

0歳から (生後6ヶ月以上)

鈴山内科小児科医院

0歳から

岸クリニック

1歳から

山本こどもクリニック

0歳から

山内町

毛利医院

0歳から(生後6ヶ月以上)

波多津

小島医院

0歳から

唐津市

唐津市民病院きたはた

0歳から(生後6ヶ月以上)