本文にジャンプします
メニューにジャンプします

子どもの医療費の助成

子どもの医療費の助成
(2016年10月14日更新)

平成28年7月診療分より、小学生・中学生の子どもの医療費助成の対象を拡大します。
拡大の詳細については、「子どもの医療費助成を拡大します」をご覧ください。

助成概要・内容

 

・中学生以下のお子さんが健康保険を使って病院などにかかったときの医療費の一部を負担します。(平成28年7月診療分より、小・中学生の通院費、調剤費についても医療費助成の対象となりました。)

◎下記の自己負担額を除いた額の医療費が助成されます。
   自己負担額
 入院費  1ヶ月1医療機関 1,000円
 通院(外来)費  1ヶ月1医療機関 2回まで500円(3回目以降負担なし)
 調剤(薬局)費  自己負担なし

利用方法

●お子さんが就学前児童の場合
 県内と下記の5つの指定医療機関の病院にかかる場合、健康保険証と医療費受給資格証を医療機関の窓口で提示してください。提示により、医療機関及び保険者ごとに、外来については、1ヶ月に500円(上限)の負担を2回目まで、入院については、1ヶ月に1,000円の負担となります。薬局での負担はありません。
 なお、県外(上記の指定医療機関を除く)で病院などにかかったときは、後日、福祉課子育て支援係窓口での申請が必要となります。(詳細については、下記の小学生・中学生の場合を ご覧ください。)
※受給資格の発生日は、出生日です。また、他市町村から転入してきた場合は、転入の日となります。
※指定医療機関・・・・福岡市こども病院、久留米大学病院、聖マリア病院、佐世保市総合医療センター、佐世保共済病院(平成26年4月~)

 

●お子さんが小学生・中学生の場合
就学前児童のお子さんの場合と異なり、一旦医療機関で一部負担金(3割)をお支払い後、福祉課子育て支援係窓口で医療費助成の申請が必要となります。医療費助成申請により、助成対象となる金額をお支払いすることになります。
・申請は、診療を受けた月の翌月から申請できます。
・申請できる期間は、診療を受けた翌月から1年間となります。

◎申請に必要なもの(市役所福祉課での申請が必要な場合)
1.子どもの健康保険証
2.領収書(対象者の氏名、保険点数、医療費などが記載されているもの)
3.振込口座がわかるもの (保護者名義の通帳)
4.印鑑(認め印可)

 ※学校内事故等については、学校での保険適用になる場合がありますので、ご相談ください。

対象者

 ●中学生(15歳に達する以降、最初の3月31日まで)までのお子さんで下記の条件を満たして いる方
 1.本市に住民登録をしている者であること。
 2.健康保険に加入していること。

 3.生活保護法による保護を受けていないこと

 4.他の制度により医療費の助成を受けることができるものでないこと。

申請窓口

 上記申請に必要なものをお持ちになり、福祉課子育て支援係窓口までお越しください。

 子どもの医療費助成申請書.pdf(115KB)