本文にジャンプします
メニューにジャンプします

波多津漁港施設使用について

波多津漁港施設使用について
(2012年5月1日更新)

1.制度

伊万里市では漁港の適正な管理を行うため、平成24年4月1日付で伊万里市漁港管理条例を改正いたしました。
平成24年4月1日以降漁港を使用するためには使用許可申請書を提出し、使用許可を受け、使用料を納付していただく必要があります。

2.係留許可の状況

漁港の区域内では、漁業活動を優先しております。しかし現在プレジャー船等の増加により漁港内が過密状態になっており、漁業活動に支障をきたしています。
 よって、波多津漁港では新規の係留許可はしておりません。

 

漁船以外の船の料金表

漁港使用料一覧

3.漁港使用上の注意

 近年、プレジャー等の利用者が増加し、漁港を訪れる人も年々多くなっていることから、漁港の利用をめぐってトラブルが発生しています。
どんな場所でも利用する上でのルールがあるように、漁港にも、漁港なりのルールがあります。ルールやマナーは強制されるものでなく、自ら楽しくすルールやマナーは強制されるものでなく、自ら楽しくするための方法論です。
ここでは、是非守っていただきたい基本的なマナーを掲載します。
 
 1.漁業者の作業場や立入禁止施設には立ち入らないようにしましょう。
 2.漁港内及び漁港周辺の迷惑駐車は絶対にやめましょう。
 3.弁当の包装紙、空き缶、ビニール袋などのゴミや余った餌・釣り針等は漁港に捨てないで、責任を持って持ち帰りましょう。
 4.プレジャーボートなどで漁港を利用するときは、航行ルールを守り、漁船の操業や航行を妨げないよう注意しましょう。
 5.トイレは決められた場所(ふれあい広場等)を使用しましょう。
   6.天候や海況を確認し、無理せず危険は避けて、沖へでる場合には必ず救命胴衣を着用しましょう。