本文にジャンプします
メニューにジャンプします

改正育児・介護休業法が全面施行されます。

改正育児・介護休業法が全面施行されます。
(2013年3月6日更新)

 男女ともに、仕事と家庭の両立ができる働き方の実現を目指し、平成21年に育児・介護休業法が改正されました。


 この改正で、100人以下の事業主には、「短時間時間勤務制度」「所定外労働の制限」「介護休暇」の制度の適用が猶予されていましたが、平成24年7月1日から適用となり、就業規則で規定するなど制度化しなければなりません。

  • 短時間勤務制度
    事業主は、3歳未満の子を養育する従業員について、従業員が希望すれば利用できる短時間勤務制度(1日の労働時間を原則として6時間とするもの)を設けなければなりません。
  • 所定外労働の制限
    事業主は、3歳未満の子を養育する従業員が申し出た場合には、所定労働時間を超えて労働させてはなりません。
  • 介護休暇
    要介護状態にある対象家族の介護その他の世話を行う従業員は、事業主に申し出ることにより、対象家族が1人であれば年に5日まで、2人以上であれば年に10日まで、1日単位で休暇を取得することができます。

 ※介護休暇は、労働基準法で定める年次有給休暇とは別に与える必要があります。

 詳しい内容は、こちらをご覧ください。(佐賀労働局のHPへリンクしています)


お問い合わせ

佐賀労働局雇用均等室

住所

 佐賀市駅前中央3-3-20

電話

 0952-32-7218

FAX

 0952-32-7224