本文にジャンプします
メニューにジャンプします

染付青磁桜花文皿

染付青磁桜花文皿
(2014年2月2日更新)

写真 表

3.5×15.3×8.0cm 1660年代

写真 裏

 桜の花を繋いで二本の帯のように配し、背景には青磁釉を施しています。さながら春の水面を見るようですが、色合いを楽しむはずの花を、あえて色調を抑えた染付で表現しています。見る者の想像力を引き出すことをあらかじめ配慮しているようであり、簡潔でありながら余情に満ちたデザインとなっています。
 器形は浅く、桜の花の輪郭線の力強い描き方などから、初期の鍋島に分類される作品です。