本文にジャンプします
メニューにジャンプします

企業立地案内

企業立地案内
(2012年6月6日更新)

伊万里市企業立地のご案内


東アジアへ向けた 物流・生産の拠点として最適

 伊万里市は、北部九州の西部に位置し、天然の良港伊万里湾を抱く人口約6万人、255.02平方キロメートルの広い市域を有しています。
 伊万里港は、昭和26年に重要港湾の指定を受け、北は日本海、南は東シナ海に通じ、朝鮮半島までは約200キロメートルの至近距離にあります。
 古くは「古伊万里」の積出港として、また、石炭産業全盛期は石炭の積出港として栄え、近年では伊万里湾総合開発を軸に大規模な臨海工業団地を造成し、造船、IC関連産業、水産加工業等の集積をはじめ、コンテナターミナルや公共埠頭を有する、近代的な工業港として発展しています。


『お知らせ』 誘致企業を対象とした転入支援窓口の設置について

 (株)SUMCO、(株)中国木材等の大型企業が立地するなど企業の進出が活発化し、県外から伊万里市への転勤者が増加していますが、転勤者に対する伊万里市の情報(住宅、教育、医療など)が不足していることから、ワンストップサービスで伊万里市への転入を後押しするため、企業側の要請に応じて担当職員が出向き、転勤予定者へ伊万里市の各種情報を提供する「転入支援窓口」を設置しました。

詳しくは、次のダウンロードファイルをご参照ください。


ダウンロード

誘致企業を対象とした転入支援窓口について(428KB)(PDF文書)